遊戯王カード考察:覇勝星(はしょうせい)イダテン サーチ効果とか追加されました

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

 

 

 

覇勝星イダテン
融合・効果モンスター
星10/光属性/戦士族/攻3000/守2200
レベル5以上の戦士族モンスター×2
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族・レベル5モンスター1体を手札に加える。
②:1ターンに1度、手札を任意の枚数捨てて発動できる。
このカードの攻撃力は捨てた数×200アップする。
③:このカードがこのカードのレベル以下のレベルを持つ
相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
その相手モンスターの攻撃力をそのダメージ計算時のみ0にする。

 

 

天翔ける星 地を飛び 

今ひとつとなって悠久の覇者たる星と輝け!

融合召喚!来い!覇勝星イダテン!!

 

光属性戦士族のレベル10モンスターです。

アークファイブにおいて勝鬨勇雄が榊遊矢戦で使用し

地翔星ハヤテ天昇星テンマを素材に融合召喚、

このカード以下のレベルのモンスターの攻撃力を0にするという

強力な効果を有するもののエクシーズモンスターには通用しなかった事から

という今後ずっとネタにされ続ける迷言を残す結果となりました。

なおこの後今度はエクシーズにもちゃんと通用する覇道星シュラを使う事で

この件の意趣返しをしています。

なおアニメでは「天」モンスター+「地」モンスターという素材指定でしたが

OCGでこれだと素材指定が非常にややこしい事になる為変更されており

また効果もいくつか追加されています。

紫、緑、赤、金の混じったカラフルな鎧をまとい

片手に又の分かれた槍を携えた中華風の将軍です。

イダテン(韋駄天)とは仏教におけるヴィルーダカの八将における一神で

よく走る神や盗難避けの神として伝えられています。

この神にちなんで足の速い人を韋駄天と呼んだりもします。

 

 

レベル5以上の戦士族モンスター×2

融合素材にはレベル5以上の戦士族2体を指定しています。

一緒に収録される地翔星ハヤテから天融星カイキを特殊召喚する事で

手札2枚からこのカードの融合召喚に繋げる事が可能です。

超量士レッドレイヤーあたりを融合素材にするのもいいでしょう。

 

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族・レベル5モンスター1体を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、このカードが融合召喚に成功した場合に

レベル5の戦士族モンスターを手札に加えるサーチ効果です。

融合召喚による損失をある程度抑える事が可能な他、

②の効果の為のコストの確保にも役立ちます。

 

 

②:1ターンに1度、手札を任意の枚数捨てて発動できる。
このカードの攻撃力は捨てた数×200アップする。

②の効果は1ターンに1度、手札を任意の枚数捨てる事で

捨てた数×200だけ永続的に攻撃力を上昇させる自己強化効果です。

上昇値こそ低いものの天融星カイキの効果を発動するのに都合がよく

この効果で攻撃力を変化させていれば

相手ターンに天融星カイキを蘇生させてそのまま2体を素材にして

覇道星シュラの融合召喚を行う事が可能です。

墓地に天融星カイキが無い場合には①の効果でサーチして

そのままこの効果で墓地に送ってしまうといいでしょう。

 

 

③:このカードがこのカードのレベル以下のレベルを持つ
相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
その相手モンスターの攻撃力をそのダメージ計算時のみ0にする。

③の効果はこのカードのレベル以下の相手モンスターと戦闘する際

そのダメージ計算時の時のみ相手モンスターの攻撃力を0にするというものです。

このカードのレベルは10ある為11レベル以上のモンスターが相手でなければ

相手の攻撃力を0にして3000のダメージを叩き込む事が可能です。

ただしレベルを持たないモンスター、

つまりエクシーズモンスターやリンクモンスターには通用しないので

こうならないように注意しましょう

特に現在はリンク召喚が主流の環境ですから通用しない相手というのは結構います。

それでもシンクロや融合テーマ相手であれば積極的に活用できる効果となっており

またエクシーズやリンク相手には今度は覇道星シュラが有効なので

上手く役割分担をしていきましょう。

 

 

このカードの登場により未来融合-フューチャー・フュージョンを使う事で

デッキからレベル5以上の好きな戦士族2体を墓地へ送る事が可能となりました。

D-HERO ディアボリックガイあたりを墓地に落とす事が出来る他

レベル5であれば蛮族の狂宴LV5で蘇生させる事も可能です。

レベル5の戦士族には一緒に収録される地翔星ハヤテ天融星カイキ以外にも

超量士レッドレイヤーやオーバーレイ・ブースター、

伝説のフィッシャーマンに魔聖騎士ランスロットなどが存在しています。

①の効果でレベル5戦士族のサーチも可能な為、

このカードの融合に便利な天融星カイキと合わせて

こういったレベル5モンスターもいくつか採用するといいでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ショーダウン

ペンデュラムや永続魔法を多用するデッキに   今回紹介するのはスターターデッキ

記事を読む

遊戯王カード考察:札再生

展開力と安定性を両方強化!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王アークファイブ第60話『地獄の沙汰もカード次第』感想

遊戯王ARC-V60話の感想です。 ロジェ長官の手腕によって一網打尽とされてしまったランサーズ

記事を読む

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第49話『炎をまといし決闘者』感想

遊戯王ヴレインズ49話の感想です。   前回のあらすじ:まるで主人公の

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者将軍-ゲツガ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使する財前晃に苦戦するプレイメーカ

記事を読む

遊戯王OCG:2017年4月の制限改定を個人的に予想してみる

3月になりました。今月でアークファイブが終わり 来月には新番組、遊戯王ヴレインズが放送開始され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,759,134 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑