遊戯王OCG:2018年4月の制限改定を個人的に予想してみる

公開日: : 遊戯王, 遊戯王OCG

3月になりました。また花粉症の季節がやってくる・・・。

冬が来てずっと冬だったらいいのに

それはそれとして4月には新しいリミットレギュレーションがやってきます。

新マスタールールになっていよいよ1年です。

もうすっかりリンクモンスターがOCGに根付いてしまいましたね。

 

 

 

今はなんともまあ見事なぐらいに群雄割拠です。

覇王魔術師、セフィラ、植物リンクを筆頭に

サブテラー、彼岸、インフェルノイド、HEROあたりが続く感じでしょうか。

ヴレインズテーマもかなり頑張っておりトリックスターやオルターガイストの他

剛鬼もトロイメアと一緒にヒールターンして大会で成績を残しています。

新テーマだと早速閃刀姫が召喚獣と組んで活躍しているようですね。

どちらもメインデッキのモンスターが1枚だけというテーマであり

メインデッキにレイとアレイスターの2人だけでも十分成立するというのが面白いです。

ある意味2人だけの世界を作れるリア充テーマですね

 

 

またプリンセス杯ではなんとガジェットが成績を残していました。

昔から遊戯王には「ガジェットが活躍できる環境は良環境」という通説がありますが

まさかこの時代になってガジェットが活躍できるとは思いませんでした。

リンクヴレインズパックによってさまざまなデッキが強化された結果、

色んなデッキが活躍できる良環境といえる状況なのかもしれません。

まるで全キャラに即死コンボがあるから一周廻ってバランスがとれている

どこぞの世紀末格ゲーのような状況です

 

 

そんなわけで現在の環境は割と突出したテーマというのがあまりありません。

そういう状況だとどのような制限改定が行われるのかかなり予測が難しい所で

もしかしたら「一切の変更なし」といった結果になる可能性も十分ありえます。

それでもなんとか4月の制限改定の予想をしていきたいと思います。

前回の予想も参照にどうぞ。

外れてたらこんな顔でもしてやってください

 

 

規制強化されそうなカード

 

 

フェニキシアン・クラスター・アマリリス 

とりあえず一番やばそうなのからいきましょう。

【植物リンク】におけるキーカードの1つであり

トポロジック・ボマー・ドラゴンで破壊と蘇生を何度も繰り返し

バーンによる1キルを狙うのが植物リンクにおける勝ち筋の1つになっています。

アロマセラフィー・ジャスミンの登場により墓地肥やしの効率が高くなり

結構な成功率で1ターンキルが成功するようになっています。

1枚だけでも1ターンキルとして成立するカードである事を考えると

1発で禁止カード化の可能性も十分にありえます。

植物リンクではほかに捕食植物オフリス・スコーピオあたりも怪しいでしょうか。

 

 

マジカル・エクスプロージョン

もう1つのやばそうなカードがこちら。

以前からマジカル・エクスプロージョン1キルというデッキは存在していたのですが

閃刀姫関連の魔法カードの登場によりこれの成功率が高まりました。

実際に各種閃刀姫魔法カードを採用した

【マジエク閃刀1キル】とも言うべきデッキが作られ

こちらもまた結構な成功率を誇るようです。

既に制限カードになっているマジカル・エクスプロージョンですが

これが危険視された場合禁止カード化もありえるでしょう。

 

 

源竜星-ボウテンコウ

【セフィラ】の強さを支える1枚です。

どれをとっても有用な効果の上にハリファイバーとの相性もよく

制限カードになってもまだまだ活躍しています。

もしセフィラに修正が入るとすればこのカードか

智天の神星龍のどちらかではないでしょうか。

 

 

調弦の魔術師

こちらは【魔術師】の強さを支えるカードの1枚です。

新マスタールールもなんのそのな効果に加え

リンク召喚をする分には問題のない制約の関係上

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムのリンク素材としても有用です。

 

 

LL-インディペンデント・ナイチンゲール

タイラントネプチューン返して定期

 

規制緩和されそうなカード

Emダメージ・ジャグラー

ヒグルミと一緒に禁止化されて以後ずっと禁止のままになってるカードです。

しかしこの度ようやく海外の方で禁止解除がなされました。

元々海外の方が制限改定が厳しめの傾向にある為

日本で禁止解除されるのも時間の問題ではないでしょうか。

 

 

同族感染ウィルス

前回準制限に緩和されたカードですね。

禁止解除されてから順調に緩和されていっており

特に暴れている気配もない事からこのままいけば無制限になると思われます。

 

 

総評

正直今回はかなり予想が難しいです。

突出してるデッキというものがあまりなくもし規制がかかるのであれば

上位のデッキが満遍なく規制されるのではとは考えています。

もしくは逆に規制緩和を多数出して全体的な強さを底上げする方向性も考えられます。

まあでも1ターンキルが狙えるデッキもちらほら出てきているので

今までのノリからするとそのあたりは規制されるんじゃとは考えています。

関連記事

調星(ちょうせい)のドラッグスター:遊戯王カード考察  レベル1チューナーとして普通に優秀

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

鎖付き真紅眼牙(くさりつきレッドアイズ・ファング):遊戯王カード考察 鎖付きシリーズにもなるレッドアイズマジ可能性の竜

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売されます。 今回紹介するのは

記事を読む

遊戯王カード考察:カラテ魂(スピリット) KURO-OBI(クロオビ) デメリットなしスケール9!

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)75 惑乱のゴシップ・シャドー どのナンバーズに素材を渡す?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エルフの聖剣士

今年からローソンのloppyによる劇場版遊戯王による前売券の受付が開始されました。 この前売券

記事を読む

遊戯王カード考察:テクスチェンジャー デコード・トーカーとかのリンク先に置いておく?

本日3月24日、STARTER DECK(2018)の発売日です。 今回紹介するのはそのスター

記事を読む

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:命削りの宝札

今回紹介するのは「MILLENNIUM PACK」よりこのカードです。   &

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    なおアレイスターのハーレム状態な模様(

  2. 匿名 より:

    ゴウフウはタヒぬだろう

  3. 匿名 より:

    キャノンソルジャー(トゥーンも含めて)orファイアウォールドラゴンもABCやゼンマイで高確率でループワンキル出来るので規制されそう

  4. 匿名 より:

    新規リンクモンスターを増やすために
    トーチ・ゴーレムやスケープ・ゴートといった
    トークン生成系は更に規制されそう

    ひとまず調弦とナイチンゲールは何卒お見逃しを・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:希望皇(きぼうおう)オノマトピア ヒャッハーカード名全部乗せだぁ!

歴代主人公のエースカードや特性のカードプロテクターなどが収録された

遊戯王カード考察:魔弾の射手 マックス 相手の場にカードあればアド!これでLINK-1なんだぜ・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話『相容れない兄妹』感想

遊戯王VRAINS77話の感想です。  

遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

→もっと見る

    • 5,860,114 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑