PR
スポンサーリンク

《ダークマター・ドラゴン》遊戯王ラッシュデュエル考察 コンタクトフュージョンの素材にもなるし色々大事な存在です

スポンサーリンク

今回紹介するのは8月10日発売の

幻影のダークマターよりこのカードです。

 

 

 

 

カード説明

ダークマター・ドラゴン
効果モンスター
星7/闇属性/ギャラクシー族/攻2500/守1300
【条件】このカードを召喚・特殊召喚した自分メインフェイズに、
デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル8以下)を
[自分フィールドの裏側表示モンスターの数]まで選んで破壊する。

wiki

 

闇は光を浄化しその輝きを増す!
今こそ嘶け、闇に抱かれし龍よ!
漆黒の翼を広げ降臨せよ!ダークマター・ドラゴン!!

 

闇属性ギャラクシー族のレベル7モンスターです。

遊戯王ゴーラッシュ!!においてダークマイスターが使用し

その効果で相手モンスターを破壊しつつC・ダークマター・ワイバーンと共に

ダークマスター・エンペラー・ドラゴンのコンタクトフュージョンの素材となりました。

 

ダークマスター特有の黒紫の球体が胸部にある黒い東洋龍です。

頭部は随分と尖っており、また紫色の舌を出しており禍々しさを出しています。

 

全体の姿は長い胴で円を描いたような姿をしていますが

イラストだと主に上半身をアップで写したような構図になっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

自分の場の影守備モンスターの数だけ相手モンスターを破壊

【条件】このカードを召喚・特殊召喚した自分メインフェイズに、
デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル8以下)を
[自分フィールドの裏側表示モンスターの数]まで選んで破壊する。

その効果は召喚や特殊召喚したターンに1度、デッキトップからカード1枚を墓地へ送る事で

自分の場の影守備モンスターの数まで相手のレベル8以下のモンスターを破壊できます。

除去効果を発動する為にはこのカードを場に出した上で影守備モンスターを用意する必要があり

ある程度手札に余裕を持たせた状態で場に出す必要がでてきます。

《C・ダークマター・ワイバーン》で蘇生が可能であり

あちらを《ダークマター・デッドエール》で蘇生する事で消費を抑えて出す事ができますが

あちらを経由して出す場合、影守備でセットできるモンスターは1体のみとなり

破壊できるモンスターも1体のみとなる点に注意です。

とはいえ1体でも破壊できれば十分に仕事は果たせているでしょう。

 

単純な最上級モンスターとしてだけではなく

《C・ダークマター・ワイバーン》と一緒に並べる事ができれば

《ダークマター・エンペラー・ドラゴン》のコンタクトフュージョンへ繋げられる事も重要な点です。

前述の通り《C・ダークマター・ワイバーン》でこのカードを蘇生できるので

コンタクトフュージョンを狙うのは難しくなく、

このカードの除去効果を発動した後にコンタクトフュージョンに繋げられれば理想的です。

《ダークマター・エンペラー・ドラゴン》は裏側のカードを破壊できる効果を持っており

表側のモンスターを破壊できるこのカードと弱点を補強し合えるのもポイントです。

 

コンタクトフュージョンの布石となるカードであると同時に

現状ダークマターにおける唯一の最上級モンスターでもあり

このカードの役割は大きいでしょう。

アニメでもダークマイスターが披露していましたが

このカードと《ダークマスター・ミスト》を素材に《ダークマター・エニグマータ》を出せば

4600打点のアタッカーとして運用する事もできるので

ダークマター本来のフュージョン召喚主体の戦術にも組み込めるのもポイントです。

 

 

 

エースモンスターがドラゴンであるという点が

ダークマイスターの正体に繋がっているのは秀逸だと思いました。

コメント