PR
スポンサーリンク

《放浪の勇者 フリード》遊戯王ラッシュデュエル考察 打点もあるし除去効果もある優良下級レジェンド!

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月13日発売の

ストラクチャーデッキ バース・オブ・ヒーロー よりこのカードです。

 

 

 

 

カード説明

放浪の勇者 フリード
効果モンスター(LEGEND)
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1200
【条件】自分の墓地のモンスター(光属性)2体を
好きな順番でデッキの下に戻して発動できる。
【効果】このカードの攻撃力より高い攻撃力を持つ、
自分または相手フィールドの表側表示モンスター1体を破壊する。

wiki

 

OCGにもいた放浪の勇者 フリードがレジェンドカードとなってラッシュデュエルに登場です。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

OCGに比べると全体的に影の表現が控えめになっており

特に表情の印象は結構違って見えます。

鎧の光沢にも違いがありラッシュデュエル版の方がより光沢がしっかりしており

金色の装飾部分もはっきりと描かれていますね。

放浪している事を考えると新品同然に見えるラッシュデュエル版よりは

やや光沢が淡くなっているOCG版の方がらしい感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

OCGと違ってデッキに戻して発動

【条件】自分の墓地のモンスター(光属性)2体を
好きな順番でデッキの下に戻して発動できる。
【効果】このカードの攻撃力より高い攻撃力を持つ、
自分または相手フィールドの表側表示モンスター1体を破壊する。

その効果は1ターンに1度、墓地の光属性2体をデッキボトムに戻す事で

自身の攻撃力より上のモンスター1体を破壊できます。

OCGでは墓地から光属性2体を除外して発動する効果でしたが

除外という概念がないラッシュデュエルでは代わりにデッキに戻す形で発動するようになっています。

 

墓地コストさえ確保できるのであれば

下級以外の大抵のモンスターを破壊可能という実に優秀な効果であり

効果破壊耐性さえないのであればマキシマムモンスターの除去さえ可能です。

それでいて自身の打点も1700と下級モンスターとしては高い数値を誇り、

下級モンスターの戦闘破壊程度であれば十分こなせられます。

もちろん除去効果を使い終わった後にアドバンス召喚の為にリリースするのも全然ありでしょう。

 

墓地コストの関係上光属性メインのデッキで運用する形になるでしょう。

逆に言えば光属性メインのデッキでさえあれば様々なデッキで活用できるポテンシャルを誇り、

他の種族メインのデッキにも採用する価値があります。

 

戦士族故に《レジェンド・セイバー》で手札に回収できますが

あちらを使うのであれば戦士族メインでデッキを構築するのが望ましく

現状光属性中心で戦士族デッキを組むのは少々難しいのが残念な所です。

もう少し光属性戦士族が増えればよりこのカードも輝くかもしれません。

 

 

以前でたモノマネ幻想師に負けず劣らず強力な下級レジェンドです。

公式も「下級レジェンドはこれぐらいの性能を盛っていい」と

判断したのかもしれませんね。

コメント