PR
スポンサーリンク

《E・HERO バースト・ウィングマン》 遊戯王ラッシュデュエル考察 ラッシュオリジナルなE・HEROフュージョン!

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月13日発売の

ストラクチャーデッキ バース・オブ・ヒーロー よりこのカードです。

 

 

カード説明

E・HERO バースト・ウィングマン
フュージョン・効果モンスター
星6/炎属性/戦士族/攻2100/守1200
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」
このカードはフュージョン召喚でしか特殊召喚できない。
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(戦士族)1体を選び、
その攻撃力を次の相手ターン終了時まで1000アップする。
その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

wiki

 

炎属性戦士族のレベル6フュージョンモンスターです。

 

炎の翼を背中に生やしたHEROです。

金色の爪や仮面を身に着けており同じ素材のE・HERO フレイム・ウィングマンに対し

こちらはE・HERO バースト・レディのの側面が強く出ているHEROになっています。

とはいってもこちらもしっかりとベースは男性のフェザーマンになっていますが。

 

スポンサーリンク

 

戦士族の攻撃力を高めつつ魔法罠破壊

「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」
このカードはフュージョン召喚でしか特殊召喚できない。

フュージョン素材には

《E・HERO フェザーマン》と《E・HERO バーストレディ》の2体を指定しています。

丁度《E・HERO フレイム・ウィングマン》と同じ素材指定であり

状況に応じてあちらと使い分けていく形になります。

どちらも下級通常モンスターなので素材を揃える事自体は難しくないでしょう。

 

フュージョン召喚でないと場に出せないのはあちらと同様です。

死者蘇生などを採用している場合には注意が必要です。

 

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(戦士族)1体を選び、
その攻撃力を次の相手ターン終了時まで1000アップする。
その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

その効果は1ターンに1度、デッキトップのカードを墓地へ送る事で

自分モンスターの戦士族1体の攻撃力を相手ターン終了時まで1000アップさせ

さらにその後に相手の魔法罠を1枚破壊できます。

自身も戦士族なので適用可能であり元々の攻撃力と合わせて3100打点まで戦闘破壊が狙えます。

単体でも大型のフュージョンモンスター相手でも渡り合える攻撃力を確保できますが

《摩天楼 -スカイスクレイパー-》 があれば4100打点にまで到達するので

マキシマムモンスター相手の戦闘破壊も狙えるようになります。

 

これに加えて相手の魔法罠を1枚破壊できます。

相手の伏せカードをケアしつつ攻撃力を高めたモンスターで戦闘破壊、

という動きがしやすいです。

 

 

実質的な3100打点に魔法罠除去までついた優秀なフュージョンモンスターであり

下級通常モンスター2体で出せるフュージョンとしてはかなりのハイスペックです。

同じ素材で出せる《E・HERO フレイム・ウィングマン》は

このカードのように実質的な高い攻撃力も除去効果も持っていませんが

状況次第では相手に高いダメージを与える事が可能です。

勝負を決められるような状況や高いダメージが見込める状況であればあちらを出し、

普段は高い基本スペックを持つこちらを出す、といった感じで使い分けていくといいでしょう。

 

 

スカイスクレイパーの効果を見る限り

メインデッキのE・HEROの追加はなさそうですが

エクストラデッキのHEROにはこのカード以外にも

ラッシュデュエルオリジナルに期待したいですね。

コメント