PR
スポンサーリンク

《粛声のガーディアン》遊戯王OCGカード考察 素のローガーディアンを採用する意義が高まりました

スポンサーリンク

今回紹介するのは4月27日の

INFINITE FORBIDDEN(インフィニット・フォビドゥン)よりこのカードです。

 

カード説明

粛声のガーディアン(しゅくせいのガーディアン)
永続罠
このカード名の①②の効果は、
それぞれ1ターンに1度しか使用できず、同一チェーン上では発動できない。
①:儀式モンスター以外の自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「ローガーディアン」1体を特殊召喚する。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、
自分フィールドの儀式モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
フィールドの他のモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。

wiki

 

【粛声】用の永続罠です。

 

膝をついたローガーディアンに天から光と共に羽が降り注いでいます。

ローの祈りが通じた結果、ローガーディアンが祝福され

粛声なる守護者ローガーディアンへと進化している場面なのかかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

デッキからローガーディアン出しつつ敵味方双方の攻撃力を儀式モンスターに上乗せ

このカード名の①②の効果は、
それぞれ1ターンに1度しか使用できず、同一チェーン上では発動できない。
①:儀式モンスター以外の自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「ローガーディアン」1体を特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

儀式モンスター以外の自分のモンスターが戦闘破壊か効果破壊された場合に

手札かデッキから「ローガーディアン」を特殊召喚できます。

このローガーディアンはあくまで素の「ローガーディアン」のみであり

粛声なる守護者ローガーディアン」は特殊召喚できない点に注意です。

永続罠である点や発動条件的に相手ターンに発動する事がメインですが

「ブラック・ホール」などを用いれば能動的に発動する事も可能であり

その場合は各種素材として利用していく事も狙えます。

 

このカード名の①②の効果は、
それぞれ1ターンに1度しか使用できず、同一チェーン上では発動できない。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、
自分フィールドの儀式モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
フィールドの他のモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。

②の効果は1ターンに1度、表側になっているこのカードを墓地へ送る事で

自分の場の儀式モンスター1体の攻撃力を

そのターンの間、フィールドの他のモンスターの元々の攻撃力分だけアップできます。

この元々の攻撃力とは自分と相手、両方のモンスターを参照する事が可能であり

単純に相手モンスター1体だけでも基本的に攻撃力で上回る事は可能で

他にモンスターが並んでいる状況であれば1ターンキル級の攻撃力も確保可能です。

 

 

素のローガーディアンを採用してこそ真価を発揮できる

①の効果で「ローガーディアン」を呼び出したら、

そのまま迂闊に攻撃されたら②の効果で返り討ちが狙えますし

残しておいたらおいたで今度は自分ターンで②の効果で強化して殴りかかりにいける

相手からすればとても厄介なカードです。

ただその為にはデッキに素の「ローガーディアン」を入れる必要があるので

ある種素の「ローガーディアン」の救済カードとしての側面も持っています。

 

粛声の祈り手ロー」の効果でデッキから直接表側で置く事も可能です。

その場合、自分ターンにいきなり②の効果で強化して殴りかかる事も可能であり

より戦闘補助用のカードとして積極的に使えます。

「ローガーディアン」を採用せずともこの効果の発動が狙えるので

採用枚数を抑えたい場合などはこちらをメインにする使い方をしてもいいでしょう。

 

 

なんだかんだ粛声デッキに素のローガーディアン中々入りませんでしたが

このカードの登場で採用率が高まると嬉しいですね。

こういう昔のカードの救済カードは好きです。

コメント