PR
スポンサーリンク

《ミレニアム・アブソリューター》遊戯王OCGカード考察 色んなデッキにライフ回復手段として

スポンサーリンク

今回紹介するのは4月27日の

INFINITE FORBIDDEN(インフィニット・フォビドゥン)よりこのカードです。

 

カード説明

ミレニアム・アブソリューター
効果モンスター
星4/風属性/幻想魔族/攻1300/守1400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合に発動できる。
このカードを永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:このカードが永続魔法カード扱いの状態で、相手の効果が発動した場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、フィールドのモンスター1体の攻撃力の半分だけ自分のLPを回復できる。
③:このカードがモンスターと戦闘を行う場合、その2体はその戦闘では破壊されない。

wiki

 

【千年/ミレニアム】に属する風属性幻想魔族のレベル4モンスターです。

アブソリューターのリメイクとなります。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

元のアブソリューターが横向きだったのに対してこちらは正面を向いたアングルであり

尻尾や翼の先が赤みがかった風になっています。

また額にあった第三の目は千年アイテム風の目に変更されています。

 

スポンサーリンク

 

特殊召喚時に場のモンスターの攻撃力の半分だけライフ回復

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合に発動できる。
このカードを永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

①の効果は1ターンに1度、

自身を手札から永続魔法扱いで魔法罠ゾーンに置けます。

千年モンスターやミレニアムモンスターが共通で持つ効果であり

②の効果で特殊召喚する布石として機能します。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが永続魔法カード扱いの状態で、相手の効果が発動した場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、フィールドのモンスター1体の攻撃力の半分だけ自分のLPを回復できる。

②の効果は1ターンに1度、相手が何かしら効果を発動した場合に

永続魔法となっているこのカードを特殊召喚し、

場のモンスター1体の攻撃力の半分だけ自身のライフを回復します。

「ミレニアムーン・メイデン」も持っている自己展開条件であり

相手依存ながらもとにかく何かしら効果が発動されればいいので

特に相手ターンであれば特殊召喚できないという事はまずないでしょう。

 

その上で場のモンスターの攻撃力に応じたライフを回復できます。

場に自身しかいない場合は回復できるライフは650だけですが

相手のモンスターも参照する事が可能であり相手がエースを出したタイミングで特殊召喚すれば

1500程度のライフ回復は見込めるでしょう。

 

③:このカードがモンスターと戦闘を行う場合、その2体はその戦闘では破壊されない。

③の効果は自身と自身が戦闘するモンスターは戦闘破壊されない耐性です。

多くの幻想魔族が共通で持つ仕様であり

相手ターンに特殊召喚する事で壁モンスターとして利用していけます。

 

エクゾディアでもそれ以外でも大事なライフ回復手段

何かとライフを消耗しがち、かつライフ管理が大事な【千年/ミレニアム】にとって

このカードでライフを回復できる意義はかなり大きいです。

特に「幻の召喚神エクゾディア」は高い攻撃力を確保しやすく

その攻撃力を参照に回復が出来れば3000や4000のライフ回復も見込む事ができ

そうして回復したライフでより幻の召喚神エクゾディアの攻撃力も高くできると

互いにシナジーを発揮する事が可能です。

③の効果で壁モンスターとして活用する事もできるので

様々な面でライフの管理に貢献してくれるでしょう。

 

 

また「ミレニアムーン・メイデン」同様にデッキを選ばずに効果を活用可能なので

様々なデッキに壁兼ライフ回復手段として出張させる事が可能です。

主に相手ターンに特殊召喚する形になるので

特定のカードしか特殊召喚できないといった制約も回避しやすく

【アロマ】などにも積極的に採用していけます。

 

 

正直リメイク元となるアブソリューターの存在忘れていました。

本当にここの所懐かしいカードを積極的にリメイクしてきますね。

コメント