PR
スポンサーリンク

《千年王朝の盾》遊戯王OCGカード考察 千年の盾リメイク!キーカードをサーチできる大事なカードです

スポンサーリンク

今回紹介するのは4月27日の

INFINITE FORBIDDEN(インフィニット・フォビドゥン)よりこのカードです。

 

カード説明

千年王朝の盾
効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻 0/守3000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合に発動できる。
このカードを永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:このカードが永続魔法カード扱いの場合、
2000LPを払うか手札の「千年の十字」1枚を相手に見せて発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、デッキから「千年の十字」1枚を手札に加える事ができる。
③:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、魔法・罠カードの効果では破壊されない。

wiki

 

【千年/ミレニアム】に属する地属性戦士族のレベル5モンスターです。

 

千年の盾に青や赤といったカラフルな装飾が追加されています。

中央の赤い部分はシックな灰色になっており

カラフルながらも赤と金ピカだった元に比べるとやや落ち着いた感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

特殊召喚時に千年の十字サーチ

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合に発動できる。
このカードを永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

①の効果は1ターンに1度、

自身を永続魔法扱いで手札から魔法罠ゾーンに置くというものです。

今回の千年モンスターやミレニアムモンスターが共通で持つ仕様であり

永続魔法となってから展開していくのがテーマの基本となります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが永続魔法カード扱いの場合、
2000LPを払うか手札の「千年の十字」1枚を相手に見せて発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、デッキから「千年の十字」1枚を手札に加える事ができる。

②の効果は永続魔法カード扱いの場合に、

2000のライフを払うか「千年の十字」を手札から相手に見せる事で

自身を特殊召喚、さらにその後「千年の十字」をサーチできます。

こちらも千年モンスターが共通で持つ自己展開条件であり

①の効果と合わせて2000のライフコストで特殊召喚できます。

ただ【千年/ミレニアム】はライフが重要なテーマであり

千年の十字が手札にあれば見せるだけでライフコストなしで特殊召喚できるので

出来る限りこちらの方法で出したい所です。

 

この効果で特殊召喚した場合、「千年の十字」をサーチできます。

テーマにおけるキーカードでありこれをサーチできる意味は大きいです。

このカードの場合、同じカードがライフコストなしで特殊召喚する条件となっており

その場合サーチする事で手札に2枚揃う事になりますが

片方は「幻の召喚神エクゾディア」の為に発動して

もう片方は各種千年モンスターの特殊召喚の為に手札に残すという使い分けができるので

むしろ積極的に2枚確保しにいっていいでしょう。

 

③:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、魔法・罠カードの効果では破壊されない。

③の効果はモンスターゾーンに存在している間、

魔法罠カードの効果に対する効果破壊耐性が付与されます。

守備力3000と合わせて一定の壁として機能してくれます。

 

 

【千年/ミレニアム】はまず「千年の十字」の確保が最重要といってもよく、

その千年の十字をサーチできるこのカードもまた重要なカードとなっています。

手札に千年の十字がなければ特殊召喚やサーチの為に2000のライフコストが必要ですが

他にろくなサーチ手段がないのでこれは必要経費だと割り切るのも大事です。

 

ちなみに元の千年の盾同様にレベル5の戦士族なので

「蛮族の狂宴LV5」に対応しています。

他のレベル5戦士族を何かしら採用して

ランク5のエクシーズ素材として積極的に活用するのもいいでしょう。

 

 

SEVENSの方でも出てましたし

なんだかんだ今でも印象あるカードですね千年の盾。

コメント