PR
スポンサーリンク

《セブンスフィアー・マジシャン》遊戯王ラッシュデュエル考察 セブンスロード・マジシャンの悪いバージョン登場!

スポンサーリンク

今回紹介するのは2月10日発売の

「超越のトランザム」よりこのカードです。

 

カード説明

セブンスフィアー・マジシャン
効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2100/守1500
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードのカード名はこのターン、「セブンスロード・マジシャン」になる。
その後、相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んでその攻撃力をターン終了時まで
[自分の墓地のモンスターの属性の種類]×300ダウンできる。

wiki

 

闇属性魔法使い族のレベル7モンスターです。

 

セブンスロード・マジシャンに似ていますが髪の炎が緑色になっており

また表情もどこか禍々しいものになっています。

剣の代わりに斧のような武器を握っていますが

この斧も刃の先にさらにパーツが取り付けられていたりとかなり独特な形状です。

 

「フィアー」は恐怖を意味する言葉です。

まさにダークバージョンといった感じのネーミングですね。

このカードの場合天体を意味する「スフィア」ともかかっているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

墓地の属性が多いほど相手モンスターを弱体化

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードのカード名はこのターン、「セブンスロード・マジシャン」になる。
その後、相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んでその攻撃力をターン終了時まで
[自分の墓地のモンスターの属性の種類]×300ダウンできる。

その効果は1ターンに1度、デッキトップのカードを墓地へ送る事で

そのターンの間カード名を「セブンスロード・マジシャン」に変更しつつ

相手の表側モンスター1体の攻撃力を自分の墓地の属性種類数×300だけダウンさせる。

まさにセブンスロード・マジシャンの弱体化バージョンといった感じの効果であり

墓地の属性の種類が豊富であれば強力な戦闘補助として機能します。

 

 

セブンスロード・マジシャンと比較した場合、自己を強化するわけではないので

直接攻撃ができる状況などでは相手の与えるダメージ量で劣るケースがありますが

その代わり相手を弱体化した後で

「トランザムロード・ライナック」などのフュージョン召喚に繋げる動きが強力であり

フュージョンを積極的に活用するのであれば素のセブンスロード・マジシャンよりも

強力な動きがしやすいでしょう。

それ以外でも一緒に2500打点を並べる事ができれば

最大で4300打点までは戦闘破壊が可能となるので

他に高い打点のモンスターを並べる事が出来れば対マキシマムも意識しやすいです。

 

ただあくまで効果を発動しないとセブンスロード・マジシャンとして扱わないので

セブンス・ワンダー・フュージョン」などの専用サポートは

受けづらくなっている点には注意が必要です。

専用サポートを積極的に活用する場合には

どうしても素のセブンスロード・マジシャンには劣る側面があるでしょう。

 

とはいえ「墓地の属性の種類が多ければ強くなる」という点では

セブンスロード・マジシャンと一緒でありほぼ同じ運用コンセプトで活用できます。

セブンスロード・マジシャン絡みのフュージョン召喚を共有できる事もあり

4枚目以降のセブンスロード・マジシャンとして採用する考えでもいいでしょう。

 

 

現在アニメでの遊我の動向が不明瞭な事もあって

このカードもアニメで登場するかもしれませんね。

最も遊我が使うとは限りませんが。

コメント