PR
スポンサーリンク

《ナイトメア・スローン》遊戯王OCGカード考察 ユベルだけでなく三幻魔用のサポートカードとしてもとっても便利!

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月27日発売の

LEGACY OF DESTRUCTION(レガシー・オブ・デストラクション)よりこのカードです。

 

カード説明

ナイトメア・スローン
フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、以下の効果を適用できる。
●攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体をデッキから選び、手札に加えるか破壊する。
②:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の
「ユベル」モンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
その内の1体より元々のレベルが1つ高いか1つ低い「ユベル」モンスター1体を、
自分のデッキ・墓地・除外状態から手札に加える。
その後、そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚できる。

wiki

 

【ユベル】用のフィールド魔法です。

 

ユベルがクソデカ玉座の上でふんぞり返っています。

遊戯王GXでもユベルがクソデカ玉座に座っているシーンがあり

それを再現したイラストでしょう。

なおアニメではヨハンに憑依していた状態でしたが

このイラストではユベル本体が玉座に座っています。

 

カード名は直訳して「悪夢の玉座」、かなり分かりやすいネーミングですね。

 

スポンサーリンク

 

攻撃力守備力0の悪魔族をサーチないしデッキから破壊

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、以下の効果を適用できる。
●攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体をデッキから選び、手札に加えるか破壊する。

①の効果は1ターンに1度、効果発動時に

攻撃力と守備力が0の悪魔族をデッキからサーチするかデッキから破壊できます。

「ユベル」第1形態や「スピリット・オブ・ユベル」等をデッキから直接破壊する手段の1つであり

他のユベル関連のモンスターのサーチにも使えると

【ユベル】においてはかなり万能に使えます。

 

②:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の
「ユベル」モンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
その内の1体より元々のレベルが1つ高いか1つ低い「ユベル」モンスター1体を、
自分のデッキ・墓地・除外状態から手札に加える。
その後、そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚できる。

②の効果は1ターンに1度、

自分の場のユベルと名の付くモンスターが効果によって場から離れた場合に

そのユベルのレベル1つ上か下のモンスターを

デッキ、墓地、除外ゾーンのいずれかから手札に加えた後に召喚条件無視で特殊召喚できます。

効果発動は各種ユベルを能動的に破壊してもいいですし

なんなら「ユベル」第1形態が自壊した場合でも効果が発動できます。

墓地だけでなく除外ゾーンからの特殊召喚が可能であり

ユベル-Das Abscheulich Ritter」や「ユベル-Das Extremer Traurig Drachen」を

1枚ずつしか採用していない場合でも機能させやすいです。

 

ユベルサポートでもあるし三幻魔サポートでもある

デッキからユベルを直接破壊出来る貴重な手段の1つであり

このカード1枚で第2形態をデッキから直接出す事ができますし

他のユベル関連のカードも大抵はサーチできますし

②の効果で展開の強化にも繋がると至れり尽くせりの性能をしています。

【ユベル】にとってとても有用なカードですが

このカードそのものは効果テキストに「ユベル」を含んでいない扱いです。

「スピリット・オブ・ユベル」のサーチには対応していない点には注意しましょう。

 

 

単純に①の効果を攻撃力守備力が0の悪魔族用のサーチ手段として用いる手もあります。

「暗黒の招来神」や「混沌の召喚神」といった三幻魔用のカードの他、

「バトルフェーダー」「カクリヨノチザクラ」「インフェルノイド・シャイターン」

「ヌメロン・ウォール」「覇王門零」「覇王門無限」といった感じで

このカードでサーチできるカードは多岐にわたります。

サーチだけでなく破壊する事もできるので

直接破壊トリガーを持つカードでなくとも墓地肥やし手段として利用できます。

 

わざわざ①の効果がユベル指定ではなく「攻撃力守備力0の悪魔族」という指定なあたり

そもそも最初から三幻魔用のサポートカードとしても意識してるのでしょうね。

 

 

最近この手の

「墓地から手札に回収した後に召喚条件無視で特殊召喚」

といった感じの効果が増えてきましたね。

あからさまに蘇生制限を意識したテキストです。

 

 

コメント