PR
スポンサーリンク

《サイレント・マジシャン・ゼロ》遊戯王OCGカード考察 妨害能力あるしアタッカーにもなるしで何気に重要ポジション

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月27日発売の

LEGACY OF DESTRUCTION(レガシー・オブ・デストラクション)よりこのカードです。

 

カード説明

サイレント・マジシャン・ゼロ
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がドローした場合に発動する。
ドローした枚数分だけ、このカードのレベルを上げる。
②:このカードのレベルが元々のレベルより高い場合、
その差分×500だけこのカードの攻撃力はアップする。
③:自分フィールドに「光の黄金櫃」が存在し、
相手が魔法カードの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、このカードのレベルを1つ上げる。

wiki

 

【光の黄金櫃】関連の光属性魔法使い族のレベル4モンスターです。

 

サイレント・マジシャン LV4が杖を掲げています。

背景にはサイレント・マジシャン・LV7の姿も写っており

カード1枚でレベルアップの概念をイメージさせています。

元のサイレント・マジシャンとは少しだけデザインが変更されており

主に銀色だった装飾部分が金色になっています。

 

スポンサーリンク

 

相手がドローするほどレベルと攻撃力がアップ

①:相手がドローした場合に発動する。
ドローした枚数分だけ、このカードのレベルを上げる。

①の効果は相手がドローした場合に

その枚数分だけ自身のレベルを上げられます。

相手が通常のドローをした場合でもレベルを上げる事ができますが

自分ターンで効果を発動したい場合は

主に「未来への沈黙」などを用いて相手にドローをさせる形になるでしょう。

 

②:このカードのレベルが元々のレベルより高い場合、
その差分×500だけこのカードの攻撃力はアップする。

②の効果は元々のレベルより高いレベルの場合、

そのレベル差×500だけ自身の攻撃力をアップさせます。

サイレント・マジシャンのレベルアップを意識した感じの効果であり

①や②の効果によってレベルをあげる事もできますし

破壊竜ガンドラGであればこのカードをデッキから特殊召喚しつつレベルを上げられます。

もし仮に「未来への沈黙」で相手に6枚ドローさせたとしたら

①の効果でレベルが6上がり4000打点に到達します。

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分フィールドに「光の黄金櫃」が存在し、
相手が魔法カードの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、このカードのレベルを1つ上げる。

③の効果は1ターンに1度、

自分の場に「光の黄金櫃」が存在する状態で相手が魔王かーどを発動した時に

それを無効にしつつ自身のレベルを1上げます。

特に展開手段を魔法カードに依存する相手に対しては

優秀な妨害手段として機能してくれるでしょう。

 

 

未来への沈黙からの返り討ちも狙っていこう

対象に取る効果を無効にできる「サイレント・ソードマン・ゼロ」と合わせて

「破壊竜ガンドラG」でデッキから出す有力な候補となるカードです。

状況や相手のデッキに応じてどちらを出すか使い分けていくのがいいでしょう。

状況次第ではガンドラGの効果で大幅に攻撃力を上げる事も可能であり

強力なアタッカーとしても機能させられます。

 

また「未来への沈黙」や「サイレント・バーニング」とのシナジーも意識されており

相手にドローを許す事になりますがその分だけ攻撃力を高められます。

状況によっては相手の攻撃に合わせて発動して返り討ちを狙う事もできるでしょう。

③の効果によって魔法カードを無効にできるので

このカードの戦闘破壊を狙ってくる相手も多いでしょうから

そういう時はきっちり返り討ちにしましょう。

 

 

最後の戦いの決め手になったカードという事もあって

やっぱり表遊戯のカードとしてはサイレント・マジシャンが

一番印象に残ってますね。

コメント