PR
スポンサーリンク

《古代の機械戦車兵(アンティーク・ギアタンカー)》遊戯王OCGカード考察 当然の権利のように召喚条件無視で蘇生

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月27日発売の

LEGACY OF DESTRUCTION(レガシー・オブ・デストラクション)よりこのカードです。

 

カード説明

古代の機械戦車兵(アンティーク・ギアタンカー)
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1300/守1300
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
手札から「古代の機械戦車兵」以外の
「アンティーク・ギア」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、代わりに自分の墓地から選ぶ事もできる。
②:自分フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
このターン中は自分フィールドの「古代の機械巨人」及び
そのカード名が記されたモンスターの攻撃力が600アップする。

wiki

 

【アンティーク・ギア】の新規となる地属性機械族のレベル4モンスターです。

 

古代の機械兵士が古代の機械戦車を乗り回しています。

前方を守るように装甲が展開しているのがオシャレですね。

やっぱり戦車というかバイクですよねこれ。

 

スポンサーリンク

 

手札や墓地から召喚条件無視でアンティーク・ギア特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
手札から「古代の機械戦車兵」以外の
「アンティーク・ギア」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、代わりに自分の墓地から選ぶ事もできる。

①の効果は1ターンに1度、召喚や特殊召喚した場合に

同名カード以外のアンティーク・ギア1体を召喚条件無視で特殊召喚できます。

アンティーク・ギアですっかりお馴染みな召喚条件無視の付属した展開効果であり

「古代の機械巨人」の展開手段の1つとなります。

 

また相手の場にモンスターがいれば墓地から蘇生する事もできます。

先攻1ターン目以外ではまず満たせる緩い条件であり

召喚条件を無視するので蘇生制限さえクリアしていれば

融合召喚でしか出せない「古代の機械混沌巨人」なども蘇生できます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
このターン中は自分フィールドの「古代の機械巨人」及び
そのカード名が記されたモンスターの攻撃力が600アップする。

②の効果は1ターンに1度、自分の場の表側カード1枚を破壊、

効果テキストに「古代の機械巨人」の単語があるモンスターと

古代の機械巨人そのものの攻撃力を1ターンの間600アップさせます。

元の「古代の機械戦車」の効果を受け継いだ感じの打点強化ですね。

破壊するカードはやはり展開に繋がる「歯車街」や「古代の機械要塞」が筆頭となるでしょう。

発動した時点でそのターンの間は打点アップが適用されるという処理であり

これらを破壊して後から特殊召喚した「古代の機械暗黒巨人」などにも

しっかりと打点強化が適用されます。

3000打点を一方的に戦闘破壊できるようになるので結構この打点強化の恩恵が大きいです。

 

 

①の効果による展開と②の効果による歯車街の破壊トリガーと

【アンティーク・ギア】にとって欲しい要素をきっちりと抑えたカードです。

手札に来た古代の機械巨人や古代の機械暗黒巨人の展開にも役立つので

これらを多数採用したとしても腐る危険性を減らしてくれます。

 

 

このカードもそうですが今回のアンティーク・ギア新規は

古代の機械暗黒巨人を主軸にしつつ

素の古代の機械巨人もしっかりサポートしてる感じですね。

コメント