PR
スポンサーリンク

《マジェスペクター・ポーキュパイン》遊戯王OCGカード考察 遂に待望の自己展開できるマジェスペクターが!

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

マジェスペクター・ポーキュパイン
ペンデュラム・効果モンスター
星4/風属性/魔法使い族/攻1500/守1500
【Pスケール:青2/赤2】
【モンスター効果】
このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドに「マジェスペクター」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚した場合、
自分の墓地の「マジェスペクター」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードは相手の効果では破壊されず、相手はこのカードを効果の対象にできない。

wiki

 

【マジェスペクター】の新規となる風属性魔法使い族のレベル4ペンデュラムモンスターです。

 

マジェスペクター特有の赤いマントをつけた薄茶色のヤマアラシです。

ヤマアラシが本来持っているトゲの代わりに

背中にはハチの巣状の穴がありそこから竜巻がトゲのように伸びています。

 

スポンサーリンク

 

他のマジェスペクターがいれば特殊召喚

このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドに「マジェスペクター」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

他のマジェスペクターもそうであるようにペンデュラム効果は存在しておらず

モンスター効果のみがあります。

①のモンスター効果はお互いのメインフェイズ時に

自分の場にマジェスペクターが存在している場合に

自身を手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

ペンデュラム召喚に頼らずに特殊召喚が可能であり

マジェスペクター・ラクーンでサーチすればそのまま自己展開に繋げられます。

 

このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚した場合、
自分の墓地の「マジェスペクター」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。

②の効果は1ターンに1度、召喚や特殊召喚した場合に

墓地のマジェスペクター魔法カードを自分の場にセットできます。

マジェスペクター・フロッグの墓地版とも言える効果ですが

こちらは罠には対応せず魔法のみな点に注意です。

通常魔法であるマジェスペクター・ストームならセットしてすぐに発動が可能であり

マジェスペクター・サイクロンであれば相手ターンの妨害手段として使えます。

 

③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードは相手の効果では破壊されず、相手はこのカードを効果の対象にできない。

③の効果はモンスターゾーンにいる間、

相手の効果に対する効果破壊耐性と対象耐性が付与されます。

マジェスペクターではお馴染みの耐性であり相手に戦闘破壊を強いやすいです。

 

 

マジェスペクターの中でも自己展開可能という点がとてもありがたく

特にペンデュラム召喚前にマジェスペクター・オルトのリンク召喚をして

エクストラデッキからのペンデュラム召喚の枠を増やすのに重宝します。

「ペンデュラム召喚が出来ない場合に展開力が大きく制限される」

というマジェスペクターの問題点を払拭してくれる存在となるでしょう。

 

 

マジェスペクターは10期のマスタールールにおいて

EXデッキのペンデュラム召喚制限の影響を

強く受けたデッキの1つですが今回ようやく

しっかりと救済してくれるカードがでましたね。

 

コメント