PR
スポンサーリンク

《幻蝋館の使者(げんろうかんのししゃ)》遊戯王OCGカード考察 バトルフェイズにいきなり出て来てお前を蝋人形にしてやる

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

 

カード説明

幻蝋館の使者(げんろうかんのししゃ)
効果モンスター
星3/炎属性/幻想魔族/攻 800/守1800
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードがモンスターと戦闘を行う場合、その2体はその戦闘では破壊されない。
③:相手バトルフェイズ終了時に発動できる。
相手フィールドの全ての攻撃表示モンスターは次の相手バトルフェイズ開始時まで、
表示形式を変更できず、融合・S・X・L召喚の素材にできず、効果は無効化される。

wiki

 

炎属性幻想魔族のレベル3モンスターです。

 

顔や両手が青い火を灯す蝋燭となっている貴族風のモンスターです。

無機質な笑顔がなんとも不気味さを漂わせていますね。

 

モチーフとなっているのは日本のヘヴィメタルバンドである

「聖飢魔II(せいきまつ)」の曲にして1枚目のシングル「蝋人形の館」だと思われます。

代表曲の1つであり「お前も蝋人形にしてやろうか?」といフレーズは

このバンドに詳しくない人でも聞いた事があるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

バトルフェイズ終了時に相手モンスターを固めて動けなくする

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に

自身を手札から特殊召喚できるというものです。

攻撃反応系の手札誘発の1つであり相手の攻撃に合わせて壁として出していけます。

 

 

②:このカードがモンスターと戦闘を行う場合、その2体はその戦闘では破壊されない。

②の効果は自身の戦闘ではお互いに戦闘破壊耐性が付与されます。

多くの幻想魔族が共通で持つ仕様であり①の効果と合わせて

相手の攻撃に合わせて場に出て来て戦闘破壊できない厄介な壁として君臨できます。

守備力も1800とそこそこあるので貫通ダメージも抑えやすいです。

 

③:相手バトルフェイズ終了時に発動できる。
相手フィールドの全ての攻撃表示モンスターは次の相手バトルフェイズ開始時まで、
表示形式を変更できず、融合・S・X・L召喚の素材にできず、効果は無効化される。

③の効果は相手バトルフェイズ終了時に

相手の攻撃表示モンスター全てに次の相手バトルフェイズ開始時まで

表示形式の変更と効果を封じ

さらに融合、シンクロ、エクシーズ、リンク召喚の素材にできなくするというものです。

相手を蝋人形にして固めてしまうのをイメージしているものと思われます。

発動タイミング的に①の効果から自然と繋げやすく

攻撃表示の相手モンスターを無力化した上で各種素材に利用する事も難しくします。

特にメインフェイズ2に展開を行おうと考えている相手に刺さる効果ですが

アドバンス召喚や儀式召喚は防げず、バトルフェイズ中にこのカードを除去された場合は

この効果も発動できないと穴もいくつかあります。

 

 

単純に高い戦闘破壊耐性持ち

その上でその後の相手の展開を妨害するいやらしさも同時に内包しおり

この手の攻撃反応系のカードとして相当に優秀な性能をしています。

効果を封じられる点から返しのターンで反撃も行いやすく

攻撃表示で固定させるので高い打点を叩き出せるデッキであれば

そのまま殴って大ダメージを与えるといった動きも狙えます。

 

ちなみに③の効果は①の効果で特殊召喚せずとも相手バトルフェイズ終了時に

このカードが場に出てさえいれば発動します。

手札からでなく戦線復帰などで墓地から蘇生させる壁としても大いに有用です。

手札誘発型の壁モンスターは数多く存在していますが

その中でも高い壁性能と妨害性能を両立させたポテンシャルを秘めています。

 

 

最初はキマイラ専用種族って感じだった幻想魔族ですが

今回のパックで数を増やしてきましたね。

今後新カードや種族サポートも充実してくれば

1種族デッキとして戦える日がくるかもしれません。

 

コメント