PR
スポンサーリンク

《マジェスペクター・ドラコ》遊戯王OCGカード考察 改めてモンスターをリリースしまくれるように!

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

マジェスペクター・ドラコ
エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク4/風属性/魔法使い族/攻2300/守2000
【Pスケール:青5/赤5】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「マジェスペクター」カードか
「竜剣士」カードが存在する場合に発動できる。
デッキから「マジェスペクター」カード1枚を手札に加える。
その後、自分のPゾーンのカード1枚を破壊できる。
【モンスター効果】
レベル4モンスター×2
レベル4がP召喚可能な場合にEXデッキの表側のこのカードはP召喚できる。
このカード名の①のモンスター効果は1ターンに2度まで使用できる。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する状態で、
モンスターがリリースされた場合、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからレベル6以下の魔法使い族・風属性モンスター1体を特殊召喚する。
②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
またはリリースされた場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

wiki

 

【マジェスペクター】の新規となる風属性魔法使い族のランク4エクシーズペンデュラムです。

 

竜剣士マジェスティPがマジェスペクター・ユニコーンに騎乗しています。

この時のマジェスティPは下半身が四足のケンタウロス型ではなく

人間と同じようになっています。

 

ドラコという名称は竜剣士の英語名である

「Dracoslayer(ドラコスレイヤー)」から来ているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

モンスターがリリースされれば2回までリクルート

レベル4モンスター×2
レベル4がP召喚可能な場合にEXデッキの表側のこのカードはP召喚できる。

エクシーズ素材には特に指定はなく

レベル4モンスター2体でエクシーズ召喚が可能です。

マジェスペクターはレベル4モンスターが揃っているのでエクシーズ召喚は難しくないですが

墓地へ送るのが嫌であれば別途ランク4エクシーズ用のモンスターを用意してもいいでしょう。

 

このカード名の①のモンスター効果は1ターンに2度まで使用できる。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する状態で、
モンスターがリリースされた場合、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからレベル6以下の魔法使い族・風属性モンスター1体を特殊召喚する。

モンスター効果の①は1ターンに2度、

場のモンスターがリリースされた場合にオーバーレイユニットを1つ消費する事で

デッキからレベル6以下の風属性魔法使い族を特殊召喚できるというものです。

各種マジェスペクターをデッキから特殊召喚できる他、

ウィンド・ウィッチや風霊媒師ウィン、ウィッチクラフト・ジェニーなども対応しています。

 

発動条件となるリリースはマジェスペクター魔法罠でマジェスペクターをリリースするのが基本ですが

アドバンス召喚したり壊獣を送り付ける事でも条件を満たせます。

1ターンに2度まで発動可能であり2回リリースを行う事ができれば

1ターンでオーバーレイユニットを使いきれます。

 

 

②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
またはリリースされた場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

モンスター効果の②はモンスターゾーンで戦闘破壊や効果破壊されるか

リリースされた場合に自身をペンデュラムゾーンへ置くというものです。

①のモンスター効果を2回使いオーバーレイユニットを使い終わった後に

マジェスペクター魔法罠でこのカードをリリースしてしまうのが無駄がありません。

 

この手のPゾーンに置く効果全般で言える事ですが

発動前にペンデュラムゾーンに空きを用意しておく必要があります。

元々マジェスペクターはペンデュラム効果を持っていないカードばかりですし

ケンドウ魂 KAI-DENのように

ペンデュラムゾーンを空けやすいスケール要員を用意しておくのも1つの手です。

 

 

【Pスケール:青5/赤5】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「マジェスペクター」カードか
「竜剣士」カードが存在する場合に発動できる。
デッキから「マジェスペクター」カード1枚を手札に加える。
その後、自分のPゾーンのカード1枚を破壊できる。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

もう片方のペンデュラムゾーンにマジェスペクターか竜剣士がいる場合に

デッキからマジェスペクターと名の付くカード1枚をサーチした後に

自分ペンデュラムゾーンのカード1枚を破壊可能です。

ペンデュラムゾーンのカードを破壊するかどうかは任意なので

特に空きを作りたくない場合などはそのまま破壊せず維持する事もでき

シンプルに使いやすいサーチ効果として活用できます。

 

 

1ターンに最大2回までリクルートできるモンスター効果に

ペンデュラムゾーンに移動した後に行えるペンデュラム効果によるサーチと

総じてアドバンテージ確保能力に優れたカードとなっています。

【マジェスペクター】は10期移行時における

ペンデュラム召喚の仕様変更の影響を強く受けたデッキの1つですが

このカードのおかげでモンスターをリリースしてもアドバンテージを失いづらくなりました。

最大限に活かすにはモンスターを2体リリースした上でこのカードもリリースしてしまうのがいいので

積極的にモンスターをリリースする意義も増えたと言えるでしょう。

 

 

①のモンスター効果がレベル6まで対応という事で

マジェスペクター・ユニコーン禁止解除くるのではと噂されていましたが

来ませんでしたね。

改めて別のレベル6マジェスペクターが来るのでしょうか。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    贅沢言うとこのカードにリリース耐性欲しかった
    ペンデュラムだと重くなりがちなニビルケアできちゃうし(先に置けばニビルされてもこのカードとデッキから持ってきたやつとで作り直せる余地が残る)

    それでもこのカードが巻き込まれないラヴァゴ壊獣なんか打たれればマジェユニ帰ってくればリリースが妨害数への回答にならなくなる未来なんかも来るかもね
    抑マジェユニ帰して大丈夫かどうかは知らない