PR
スポンサーリンク

《メメント・ウラモン》遊戯王OCGカード考察 新たなメメントの仲間は屋根裏の物の怪リメイク!

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

メメント・ウラモン
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 550/守 400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合、
「メメント・ウラモン」以外の自分の墓地の「メメント」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
②:このカードが「メメント」モンスターの効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

wiki

 

【メメント】の新規となる闇属性悪魔族のレベル2モンスターです。

クリボー・・・ではなく屋根裏の物の怪のリメイクモンスターです。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

手足が骨になっておりまた爪先が緑色の宝石に変わっています。

他のメメントに比べて元の原型が色濃く残っており

つぶらな瞳などがそのままです。

 

スポンサーリンク

 

仲間の効果で墓地へ送られれば自己蘇生

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合、
「メメント・ウラモン」以外の自分の墓地の「メメント」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、召喚や特殊召喚した場合に

墓地から同名カード以外のメメントを手札に回収できます。

メメント・シーホースは手札に回収してそのまま自己展開を狙う事も可能であり

このカード自身をあちらの効果のコストに活用できます。

 

モンスターだけでなく魔法罠も回収可能であり

冥骸合竜-メメントラル・テクトリカがいる場合には

メメント・クレニアム・バーストメメント・フラクチャー・ダンスを回収して

相手ターンに備える事もできます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが「メメント」モンスターの効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

メメントと名の付くモンスターの効果で墓地へ送られた場合に

自身を特殊召喚できる自己蘇生効果です。

各種メメントは場のメメントを破壊する事で発動出来る効果を持っており

それらで破壊してもすぐに場に戻して再度破壊に使う事が可能です。

またメメント・シーホースやメメント・ゴブリンであれば

デッキから直接墓地へ送って効果を発動する事も可能です。

 

そのまま①の効果に繋げる事もできますが①の効果は名称ターン1制限があるので

場に出してすぐに墓地へ送った場合には効果を発動できない点に注意です。

 

 

今までメメントには場のメメントを破壊して発動する効果を持ちながら

実際に破壊する事にメリットのあるメメントモンスターはいませんでした。

そんな中でこのカードは各種メメントで破壊するのに最適であり

より各種メメントの効果を使いやすくしてくれる存在です。

 

特にメメント・シーホースとの相性が抜群によく

あちらの効果でメメント・メイスやメメント・ゴブリンと一緒にデッキから墓地へ送る事で

墓地からこのカードを自己蘇生しつつメメント・メイスを手札に回収できるので

そこから更にメメント・メイスの効果でサーチに繋げられます。

そこからメメント・ダークソードの特殊召喚まで繋げる事ができるので

このカードの登場により実質的にメメント・シーホース1枚から

冥骸合竜-メメントラル・テクトリカの特殊召喚に繋げられるようになりました。

メメントラル・テクトリカを1枚で出せる初動札が

メメント・ダークソード、メメント・エンウィッチに加えてさらに増える形となる為に

より安定した初動を実現させてくれます。

 

 

メメントは次にどのモンスターのリメイクが来るかと思っていたら

まさかの屋根裏の物の怪です。

何気にクリボーよりOCG化が早いんですよね屋根裏の物の怪。

 

コメント