PR
スポンサーリンク

《魔砲戦機ダルマ・カルマ(まほうせんきダルマカルマ)》遊戯王OCGカード考察 優秀な耐性持ちにこそ効く強力妨害手段!

スポンサーリンク

今回紹介するのは9月23日発売の

WORLD PREMIERE PACK 2023(ワールドプレミアムパック2023)よりこのカードです。

 

カード説明

魔砲戦機ダルマ・カルマ(まほうせんきダルマカルマ)/Destructive Daruma Karma Cannon
通常罠
①:フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。
その後、フィールドに表側表示でモンスターが存在する場合、
そのコントローラーは自身のフィールドの表側表示モンスターを全て墓地へ送らなければならない。

wiki

 

汎用の通常罠です。

 

大砲ダルマが全身に武器を搭載した魔改造を施され

その火力によって周囲一面を火の海にしています。

 

ちなみに知らない人用に元の大砲ダルマの姿はこんな感じです。

こうしてみ比べると原型は留めつつもすさまじい魔改造っぷりですね。

 

英語名は「デストラクティブ・ダルマ・カルマ・キャノン」

デストラクティブは「破壊的な」といった意味であり

まさにその名の通りの大惨事を引き起こしていますね。

 

スポンサーリンク

 

場のモンスターを全て裏側に、裏側にならなかったモンスターも全て墓地に

①:フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。
その後、フィールドに表側表示でモンスターが存在する場合、
そのコントローラーは自身のフィールドの表側表示モンスターを全て墓地へ送らなければならない。

その効果は場のモンスター全てを裏側守備表示にし

その後表側で残っているモンスターが存在していれば

そのコントローラーに自身の表側モンスターを全て墓地へ送る事を強制させるというものです。

いわゆるチョコラテ・イングレス「だるまさんがころんだ」を意識した効果で

合図と共にモンスターが裏側守備表示になる事で動きを止め、

動きを止められなかったカードはアウトとなり墓地へ送られてしまうという感じです。

 

妨害手段として極めて強力なカードで

場の全てのモンスターを裏側守備表示にしてしまえるので

相手がモンスターを並べたところで発動すればそれらを全て無力化してしまえます。

リンクモンスターや完全耐性持ちなど裏側守備表示にならなかったカードも

プレイヤーに墓地を送りを強制させるので

この手のカードが抱えがちな「リンクモンスターに弱い」といった弱点もなく

むしろ強力なリンクメタとして機能します。

本来突破が困難な改善耐性持ちも除去してしまえるので

エクスピュアリィ・ノアールなどの対策としても機能します。

特に妨害手段として見た場合、相手にドローさせない点も含めて

皆既日蝕の書の上位互換といっていいでしょう。

 

その一方で自分モンスターにも影響してしまうので

特にリンクモンスターがいる時に発動すると自分の首を絞める結果となります。

しかしこの点は一概にデメリットというわけでもなく

リバース効果を活用する場合、それの再利用に繋げる事が可能です。

【ゴーストリック】や【サブテラー】といった裏側守備表示を活用するテーマにとっては

単純な妨害手段以上に機能する為特に相性がいいでしょう。

その他にもこのカードの確保や再利用が容易な【ラビュリンス】、

裏側守備表示になる事でスタンバイフェイズのデメリットを踏み倒せる【時械神】なども

このカードをより使いこなしやすいでしょう。

 

勿論それ以外のデッキでも

自分のモンスターも裏側守備表示になる事を厭わなければ強力なカードです。

基本的に制圧用のモンスターを立たせておかないデッキであれば影響は少ないですし

立たせている場合でもそれらの効果を使い終わった後に

改めてこのカードで妨害するという動きも取れるので影響はありません。

前述のようにエクスピュアリィ・ノアールなどの対策として機能するので

こういった強力な耐性持ちに対する回答がないデッキであれば

採用する価値は高くなるでしょう。

 

 

その強力な性能から

海外版で出た当時から注目度の高かったカードです。

いよいよ日本上陸するとなると色んなデッキに採用されそうですね。

コメント