PR
スポンサーリンク

《メメント・ボーン・パーティー》遊戯王OCGカード考察 展開補助にも使えるしリリース・エスケープにも使えます

スポンサーリンク

今回紹介するのは8月26日発売の

デッキビルドパック ヴァリアント・スマッシャーズよりこのカードです。

 

カード説明

メメント・ボーン・パーティー
速攻魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールド(表側表示)の「メメント」モンスター1体を破壊し、
そのモンスターとはカード名が異なる「メメント」モンスター1体をデッキから選び、
手札に加えるか守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「メメント」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

wiki

 

【メメント】用の速攻魔法です。

 

骨と宝石が散らばった中でメメント・メイスとメメント・ゴブリンが楽しそうにはしゃいでいます。

宝石がまるでライブ会場を彩るサイリウムライトを彷彿とさせます。

全体的におどろおどろしい雰囲気が強いメメントですが

本人たちはすごく楽しそうでメメントとしての新しい命を満喫してる感じですね。

 

スポンサーリンク

場のメメントを破壊してデッキから他のメメントを特殊召喚したり手札に加えたり

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールド(表側表示)の「メメント」モンスター1体を破壊し、
そのモンスターとはカード名が異なる「メメント」モンスター1体をデッキから選び、
手札に加えるか守備表示で特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、場や手札のメメント1体を破壊して

それとは別のメメント1体をデッキから手札に加えるか守備表示で特殊召喚するというものです。

場のメメントをデッキの任意のメメントにバトンタッチ可能であり

初動の要となるメメント・エンウィッチをデッキから確保する手段の1つとなります。

発動にはメメントを破壊する必要がありますが

そちらはそちらで冥骸府-メメントランの②の効果の発動に繋げられます。

 

ちなみに手札のメメントを破壊して効果を発動する事もできます。

単純に手札コスト1枚でデッキからメメントを特殊召喚する手段としても使えます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「メメント」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

②の効果は自分メイフェンズに1度、墓地から除外する事で

自分の場のメメント1体に貫通効果を付与できるというものです。

攻撃力5000かつ全体攻撃のできる冥骸合竜-メメントラル・テクトリカ

この効果を付与できれば相手が守備表示で守りを固めていたとしても

大ダメージを与える事が可能です。

 

 

任意のメメントを引っ張ってくる使い方は勿論の事、

速攻魔法なのでリリース・エスケープの手段としても効果的です。

【メメント】は墓地アドバンテージが重要なテーマであり

下手に除外などされるよりも墓地へいったもらった方がありがたいケースが多く

除外やバウンスをされそうになった時に

この効果で無理やり墓地へ送る、というのは結構大事です。

なおメメント・ホーン・ドラゴン以外は相手ターンに特殊召喚しても活用は難しいので

その場合は特殊召喚するのではなく手札に加えるのがいいでしょう。

 

破壊された時に相手のカードを巻き込んで破壊できる

メメント・ホーン・ドラゴンを破壊する手段としても重宝します。

フリーチェーンでメメント・ホーン・ドラゴンを破壊できるので

メメント・ホーン・ドラゴンの効果をフリーチェーン除去として活用可能になります。

 

 

メメント・メイスが心底幸せそうな表情なのが本当に印象に残ります。

コメント