PR
スポンサーリンク

《律導のヴァルモニカ》遊戯王OCGカード考察 どちらの効果も汎用性高いしリンクがいれば両方とも使える!

スポンサーリンク

今回紹介するのは8月26日発売の

デッキビルドパック ヴァリアント・スマッシャーズよりこのカードです。

 

カード説明

律導のヴァルモニカ(りつどうのヴァルモニカ)
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「ヴァルモニカ」モンスターカードが存在する場合、
以下の効果から1つを選んで適用する。
自分フィールドに「ヴァルモニカ」Lモンスターが存在する場合、両方を選んで適用できる。
●自分は500LP回復する。
その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる。
●自分は500ダメージを受ける。
その後、フィールドのモンスター1体を手札に戻す事ができる。

wiki

 

【ヴァルモニカ】用の通常罠です。

 

 

空がガラスのように割れてヴァルモニカの異神-ジュラルメが立っています。

こちらはジェラルメのイラストと違い、反転していない状態となっていますね。

 

スポンサーリンク

回復しつつ魔法罠除去or自傷しつつ対象に取らないバウンス

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「ヴァルモニカ」モンスターカードが存在する場合、
以下の効果から1つを選んで適用する。
自分フィールドに「ヴァルモニカ」Lモンスターが存在する場合、両方を選んで適用できる。

その効果は1ターンに1度、

自分の場にヴァルモニカモンスターカードがある場合に2つある効果から

1つを適用して発動、

ヴァルモニカリンクが存在していれば両方を適用して発動できるというものです。

どちらか片方だけの効果を適用するのであれば天使の聲か悪魔の聲が

ペンデュラムゾーンやモンスターゾーンに存在している必要があり

両方を適用するならそれに加えて

ヴァルモニカの異神-ジュラルメかヴァルモニカの神異-ゼブフェーラを

リンク召喚している必要があります。

とりあえずどちらか片方だけの効果だけならスケールをセッティングしていればいいので

【ヴァルモニカ】であれば問題なく満たせるでしょう。

 

 

●自分は500LP回復する。
その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる。

1つ目の効果は500ライフを回復した後に場の魔法罠を1枚破壊できるというものです。

シンプルな魔法罠除去であり同時に天使の聲のカウンターを溜める事ができますが

罠カード故のタイムラグがあるので

攻め込む前に伏せカードをケアする使い方は難しいです。

ただこの問題は天使の聲の効果などでコピーする事で解消できます。

 

●自分は500ダメージを受ける。
その後、フィールドのモンスター1体を手札に戻す事ができる。

2つ目の効果は500ダメージを受けつつ場のモンスター1体をバウンスできます。

自傷ダメージのついた強制脱出装置とも言うべき効果で

あちらと違い対象に取らないバウンスなので対象耐性持ちにも通用します。

 

どちらか片方だけでもカウンターを溜めつつ

魔法罠除去か対象に取らないバウンスという腐りづらい効果を選べるので

様々な場面で活用できる使いやすい罠となっています。

それでいてヴァルモニカリンクが存在していれば両方の効果を選べるようになるので

より強力になります。

ヴァルモニカの神異-ゼブフェーラの効果で墓地からコピーした場合でも

両方の効果を活用できるので実質的にゼブフェーラにフリーチェーン除去の効果を持たせられます。

 

 

割れた空には様々なものが映っていますが

左側に見えるジェラルメの笑顔がとても不気味です。

設定画の天使の聲の様子を見る限りジェラルメも一筋縄ではいかなそうですね。

 

コメント