PR
スポンサーリンク

《原罪宝-スネークアイ》遊戯王OCGカード考察 色んなテーマの重要カードをリクルートやサーチできます

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月22日発売の

AGE OF OVERLORD(エイジ・オブ・オーバーロード)よりこのカードです。

 

カード説明

原罪宝-スネークアイ
通常魔法
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドの表側表示カード1枚を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから炎属性・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スネークアイ」モンスターか
「ディアベルスター」モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから炎属性・レベル1モンスター1体を手札に加える。
その後、対象のモンスターをデッキの一番下に戻す。

wiki

 

罪宝の一種となる通常魔法です。

 

ひび割れた反逆の罪宝-スネークアイから青い炎が噴出しています。

恐らくはこれから蛇眼の炎龍が誕生し用途しているのでしょう。

それを見つめる黒魔女ディアベルスターが冷や汗を流して動揺しており

罪宝狩りをする彼女の目からしてもスネークアイが危険な代物である事が伺えます。

 

表側カードを墓地へ送ってレベル1炎属性を特殊召喚

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドの表側表示カード1枚を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから炎属性・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自身以外の自分の場の表側カード1枚を墓地へ送る事で

手札やデッキからレベル1炎属性1体を特殊召喚するというものです。

下級スネークアイはいずれもレベル1なのでこの効果でデッキから特殊召喚可能です。

【スネークアイ】においては蛇眼神殿スネークアイなどで永続魔法にした

蛇眼の炎龍を墓地へ送って発動するのがあちらの効果の発動にも繋がり効果的です。

 

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スネークアイ」モンスターか
「ディアベルスター」モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから炎属性・レベル1モンスター1体を手札に加える。
その後、対象のモンスターをデッキの一番下に戻す。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

墓地のスネークアイかディアベルスターをデッキに戻し

デッキから炎属性レベル1を手札に加えるサーチ効果です。

スネークアイ・ワイトバーチは場に炎属性がいる時に手札からの特殊召喚が可能であり

サーチした後にそのまま自己展開に繋げやすいです。

また何かとデッキから特殊召喚する機会の多い蛇眼の炎龍をデッキに戻す手段としても利用できます。

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できない為に

発動して墓地へ送った後は1ターン待つ必要がある点に注意です。

 

 

①、②の効果共に下級スネークアイに限らず

レベル1炎属性全般のリクルートやサーチが可能です。

炎属性レベル1には汎用性の高い除去手段である俱利伽羅天童や

テーマにおけるキーカードになりうるラヴァル炎火山の侍女、TGロケット・サラマンダー、

インフェルノイド・デカトロン、R-ACEハイドライドなどが存在しており

これらを確保する手段としても大いに有用です。

その他にも【ヴォルカニック】や【焔聖騎士】も炎属性レベル1が複数おり

様々なデッキで活用する価値の高いカードとなっています。

これらのテーマにスネークアイを出張パーツとして用いてもいいですし

場から墓地へ送りやすいカードを別途用意できるならそちらと合わせて採用してもいいでしょう。

 

 

 

このイラストを見る限り

やっぱりディアベルスターは危険な罪宝は破壊してまわってそうですね。

コメント