PR
スポンサーリンク

《霊魂鳥影-彦孔雀(エスプリット・シェード ひこくじゃく)》遊戯王OCGカード考察

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月22日発売の

AGE OF OVERLORD(エイジ・オブ・オーバーロード)よりこのカードです。

 

カード説明

霊魂鳥影-彦孔雀(エスプリット・シェード ひこくじゃく)
儀式・スピリット・効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻2000/守1500
「霊魂の降神」により降臨。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、手札・フィールドに存在する限り「霊魂鳥神-彦孔雀」として扱う。
②:儀式召喚したこのカードをリリースして発動できる。
デッキからスピリットモンスター1体と儀式魔法カード1枚を手札に加える。
③:このカードが除外された次のターンのスタンバイフェイズに発動する。
除外状態のこのカードを特殊召喚する。
④:このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを手札に戻す。

wiki

 

【エスプリット】の新規となる風属性鳥獣族のレベル4儀式モンスターです。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

霊魂鳥神-彦孔雀を子供にしたよう姿のモンスターです。

服装は随分と軽装になり手に持っている剣もナイフと呼べるぐらいに短くなっています。

恐らくは分霊的な存在でオリジナルより力が弱まった結果子供の姿になっているのでしょう。

 

自身をリリースしてスピリットモンスターと儀式魔法をサーチ

「霊魂の降神」により降臨。
①:このカードのカード名は、手札・フィールドに存在する限り「霊魂鳥神-彦孔雀」として扱う。

①の効果は場や手札に存在している間、

カード名を霊魂鳥神-彦孔雀として扱う名称変更効果です。

これにより霊魂の降神で問題なく儀式召喚が可能です。

あくまで名称が変更されるのは場や手札の中だけなので

儀式の下準備などには対応していない点には注意です。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:儀式召喚したこのカードをリリースして発動できる。
デッキからスピリットモンスター1体と儀式魔法カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、儀式召喚しているこのカードをリリースする事で

スピリットモンスターと儀式魔法を手札に加えるサーチ効果です。

霊魂の降神とエスプリット儀式モンスターを同時にサーチ可能であり

次の儀式召喚の準備が円滑に行えます。

スピリットモンスター全般をサーチする事も可能であり

手札に既に霊魂鳥神-彦孔雀があるなら天岩戸をサーチして特殊召喚に繋げる事もできます。

 

③:このカードが除外された次のターンのスタンバイフェイズに発動する。
除外状態のこのカードを特殊召喚する。

③の効果は除外された次のターンのスタンバイフェイズに

除外ゾーンから自身を特殊召喚するというものです。

霊魂鳥影-姫孔雀も共通で持っている効果であり

霊魂の降神などで墓地から除外した場合に再利用に繋げられます。

 

ちなみに強制効果なので蘇生制限を満たした状態で除外すれば必ず特殊召喚されます。

 

④:このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを手札に戻す。

④の効果は特殊召喚したターンのエンドフェイズに手札に戻るというものです。

基本的には特殊召喚される前に②の効果でリリースするのがいいですが

③の効果で特殊召喚した場合は②の効果は発動できないので

その場合は素直に手札に戻して再利用に繋げるのも選択肢です。

 

 

霊魂鳥影-姫孔雀と合わせて【エスプリット】における新たな展開の要となるカードです。

特に星逢の神籬でデッキから直接儀式召喚するのに向いており

霊魂鳥影-姫孔雀で星逢の神籬をサーチすればそのままあちらを生け贄にして

デッキからこちらを儀式召喚可能です。

 

また②の効果は儀式魔法全般とスピリットモンスター全般をサーチできるので

儀式召喚を行うデッキ全般で活用が可能な性能をしています。

特に【ドライトロン】は攻撃力2000なので流星輝巧群で儀式召喚しやすく。

竜儀巧-メテオニス=DRAで除外できるので③の効果にも繋げやすいです。

その場合サーチするスピリットモンスターは

リリース要員として繰り返し利用できる幸魂がオススメです。

このカード自身もスピリットモンスターなので

2枚目以降の同名カードをサーチしてもいいでしょう。

 

 

来年もエスプリットの強化に期待してもいいのでしょうか。

まあそれよりもマスターデュエルに早く来て欲しいですが。

コメント