PR
スポンサーリンク

《陀羅威(タライ)》遊戯王OCGカード考察 自分モンスターを破壊するのに使うか相手モンスターを破壊するのに使うか

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月22日発売の

AGE OF OVERLORD(エイジ・オブ・オーバーロード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

陀羅威(タライ)
効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、このターンにフィールドで効果を発動した、
自分・相手のメインモンスターゾーンの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、
そのモンスターが存在していたゾーンにこのカードを特殊召喚できる。

wiki

 

地属性天使族のレベル4モンスターです。

 

裏側が鬼のような表情になっているタライが隕石のように空から落下してきています。

ネーミングも「タライ」にやたら仰々しい漢字を割り振ったものになっています。

 

効果を発動したモンスターを破壊してそこに特殊召喚

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、このターンにフィールドで効果を発動した、
自分・相手のメインモンスターゾーンの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、
そのモンスターが存在していたゾーンにこのカードを特殊召喚できる。

その効果は1ターンに1度、

このターンに効果を発動していた自分や相手のメインモンスターゾーンのカードがあれば

それを破壊してそれと同じゾーンに自身を特殊召喚できるというものです。

まさに効果を発動したモンスターの上にタライが落ちてくるイメージなのでしょう。

壊獣の亜種のような性能をしておりあちらと違って破壊を介する必要がある上に

そのターン効果を発動したモンスターしか破壊できず、

エクストラデッキのモンスターは破壊できないと様々な制約が存在しています。

倶利伽羅天童と同じく自分ターンにしか発動できない点にも注意しましょう。

 

その一方で攻撃力が0であり送り付けてサンドバッグにするという役割は

こちらの方がより適している性能になっています。

また相手だけでなく自分のカードを破壊して自分の場に特殊召喚する事も可能です。

例えばROMクラウディアや極氷獣ポーラ・ペンギン、

雙極の破械神あたりの効果を能動的に発動する事が可能です。

自分のモンスターを破壊するカードとしてはそのまま特殊召喚できるので

各種素材に利用しやすいのが利点となり

やはり場で効果を発動しているモンスターしか破壊出来ないのが欠点となります。

 

 

基本的には自分のモンスターを破壊する目的で活用しつつ

チャンスがあれば相手モンスターを破壊してサンドバッグにする、

といった感じで使っていくのがいいでしょう。

 

 

タライが頭に落ちてくる、というのはコントにおける定番の1つですが

このカードがそれをやった場合そのままドリフの音楽と共に

人類滅亡シリーズがはじまりそうですね。

 

コメント