PR
スポンサーリンク

《ブラック・ホール・ドラゴン》遊戯王OCGカード考察 ブラック・ホールの専用サポートが来ました!

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月22日発売の

AGE OF OVERLORD(エイジ・オブ・オーバーロード)よりこのカードです。

 

カード説明

ブラック・ホール・ドラゴン
効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、
フィールドのモンスターが自身を対象としないカードの効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚した場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキから「ブラック・ホール」1枚を手札に加える。
③:フィールドのこのカードは効果では破壊されない。

wiki

 

闇属性ドラゴン族のレベル8モンスターです。

 

 

ブラック・ホールから上半身だけが顕現しているような黒いドラゴンです。

手や胸、頭などにホワイト・ホールと思われる部分がある他、

翼が半透明なのが印象的です。

 

モンスターが対象に取らない効果で破壊されれば特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、
フィールドのモンスターが自身を対象としないカードの効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

場のモンスターが対象にしない効果で破壊された場合に

このカードを手札や墓地から特殊召喚できるというものです。

自分ターンであればブラック・ホールやサンダー・ボルト

相手ターンであれば激流葬や奈落の落とし穴で効果発動を狙えます。

自分のモンスターが破壊されてもいいので

相手がサンダー・ボルトなどを使用してきた場合にも特殊召喚が狙えます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが特殊召喚した場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキから「ブラック・ホール」1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、特殊召喚したターンのエンドフェイズに

デッキからブラック・ホールを手札に加えるサーチ効果です。

①の効果で展開する事でそのまま条件を満たす事が可能であり発動機会は多いでしょう。

勿論①の効果に頼らず巨神竜の遺跡などで直接墓地から蘇生しても条件を満たせます。

 

サーチするのはエンドフェイズとやや遅いですが

特殊召喚した時点で効果は発動しているのでそのまま各種素材に利用しても問題ありません。

 

③:フィールドのこのカードは効果では破壊されない。

③の効果は効果破壊耐性です。

ブラック・ホールや激流葬などに気兼ねなく巻き込むことができますし

相手が発動してくるサンダー・ボルトなどにも耐性があります。

 

 

総じて対象に取らない破壊効果を積極的に活用するのであれば

何度も墓地からの蘇生が狙える便利なカードです。

自己蘇生しやすいレベル8モンスターなのでランク8のエクシーズ素材や

トレード・インで手札から捨てるコストとしても優秀です。

相手ターンに自己蘇生できる機会も多く

攻撃力3000の対象に取らない破壊耐性持ちという事で壁としても結構機能してくれます。

 

 

自己蘇生からの②のサーチ効果が狙いやすいだけに

ブラック・ホールを3枚積みしていてもサーチしきってしまうという事もままあるでしょう。

貪欲な瓶など墓地のブラック・ホールをデッキに戻す手段なども

別途採用してもいいかもしれませんね。

 

 

まさにブラック・ホール救済カードという感じですね。

サンダー・ボルトではなくブラック・ホールの方を採用する価値を

飛躍的に高めてくれる存在です。

 

 

コメント