PR
スポンサーリンク

《幻獣魔王バフォメット》遊戯王OCGカード考察 墓地も肥やせるし除外したモンスターの再利用も出来るし至れり尽くせり

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月22日発売の

AGE OF OVERLORD(エイジ・オブ・オーバーロード)よりこのカードです。

 

カード説明

幻獣魔王バフォメット
融合・効果モンスター
星6/風属性/悪魔族/攻2400/守 600
種族が異なる獣族・悪魔族・幻想魔族モンスター×2
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「有翼幻獣キマイラ」として扱う。
②:このカードが融合召喚した場合に発動できる。
デッキから獣族・悪魔族・幻想魔族モンスター1体を墓地へ送る。
③:相手ターンに墓地のこのカードを除外し、「幻獣魔王バフォメット」以外の
自分の除外状態の獣族・悪魔族・幻想魔族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

wiki

 

バフォメットの進化形となる風属性悪魔族のレベル6融合モンスターです。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

バフォメットが仮面をつけ、また4本の腕それぞれの剣を持っています。

恐らくはミラー ソードナイトと融合した姿だと思われます。

腕や翼の先端に赤い装甲が取り付けられておりスタイリッシュさが増していますね。

 

除外された3種族を特殊召喚

種族が異なる獣族・悪魔族・幻想魔族モンスター×2

融合素材には獣族、悪魔族、幻想魔族を指定しており

2体はそれぞれ別の種族である必要があります。

ミラー ソードナイト等で大翼のバフォメットを出す事が出来れば融合素材と融合魔法が揃うので

そちらを利用して融合召喚を出すのが手っ取り早いです。

幻獣王キマイラと違って幻想魔族も融合素材にできるのがポイントで

あちらよりもより柔軟に融合召喚が狙えます。

 

 

①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「有翼幻獣キマイラ」として扱う。

①の効果は場や墓地に存在している間、

カード名を有翼幻獣キマイラとして扱う名称変更効果です。

これにより合成獣融合の②の効果を満たせる他、

「有翼幻獣キマイラ」のカード名が記載されたカードとしても扱う事ができます。

 

②:このカードが融合召喚した場合に発動できる。
デッキから獣族・悪魔族・幻想魔族モンスター1体を墓地へ送る。

②の効果は融合召喚した場合に

デッキから獣族、悪魔族、幻想魔族のいずれかを墓地へ送る墓地肥やし効果です。

キマイラ系のデッキであれば特に墓地で効果を発動出来る

ミラー ソードナイトやコーンフィールド コアトルが墓地へ送る有力候補となるでしょう。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:相手ターンに墓地のこのカードを除外し、「幻獣魔王バフォメット」以外の
自分の除外状態の獣族・悪魔族・幻想魔族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

③の効果は相手ターンに1度、墓地から除外する事で

同名カード以外の獣族、悪魔族、幻想魔族を1体除外ゾーンから特殊召喚できます。

特にミラー ソードナイトは墓地から除外して発動する効果を持っている上に

フリーチェーンで発動出来る効果も持っているので何かと相性がいいです。

 

 

キマイラデッキにおいては幻獣王キマイラに比べて

幻想魔族を融合素材にできる点がポイントです。

大翼のバフォメットが場に出せないような状況でも融合召喚が狙いやすく

幻想魔獣キマイラまで繋げる動きがやりやすいです。

効果の方も除外を多用するキマイラデッキにおいて

墓地コストの補充や除外した各種モンスターの再利用ができるのはありがたいです。

 

 

また②と③の効果は獣族や悪魔族デッキ全般で活用できる汎用性の高いものであり

キマイラデッキならずとも出す価値は高いです。

獣族デッキや悪魔族デッキにキマイラのパーツを混ぜて融合召喚を狙ってもいいですし

悪魔族なので暗黒界の登極によって墓地融合を狙う事も可能です。

 

 

キマイラデッキ、既にかなり強いんですよね。

今後も強化来るとしたらどこまで強くなるか戦々恐々ですね。

コメント