2023年7月の制限改定(リミットレギュレーション)判明!あの9期の問題児が満を持して帰って来た!

2023年7月の制限改定(リミットレギュレーション)が判明しました。

前回の改定はこちらです。

 

 

規制強化されたカード

 

禁止
クシャトリラ・フェンリル
超重武者装留ブレイク・アーマー
デビル・フランケン
盗人の煙玉

 

 

制限
斬機サーキュラー
超重武者装留イワトオシ
ピュアリィ・スリーピィメモリー
神碑の泉
金満で謙虚な壺

 

 

準制限
ブロックドラゴン
超重武者バイ-Q

 

 

規制緩和されたカード

 

制限
EMモンキーボード
M.X-セイバー インヴォーカー

 

 

準制限
終末の騎士
プランキッズ・ミュー

 

 

無制限
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
転生炎獣ガゼル
鎖龍蛇-スカルデット
星守の騎士 プトレマイオス
BF-隠れ蓑のスチーム
雷鳥龍-サンダー・ドラゴン
炎舞-「天璣」
天底の使徒
魔導書の神判

 

個別ピックアップ

禁止が4枚、禁止解除が2枚、その他にも多数のカードが規制、緩和されていると

今回かなり大掛かりな制限改定となっています。

前回が禁止解除2枚、禁止1枚だったので前回よりもかなり大きな変化ですね。

それでは個別に見ていきましょう。

 

 

超重武者装留ブレイク・アーマー(無制限→禁止)

超重武者装留イワトオシ(無制限→制限)

超重武者バイ-Q(無制限→準制限)

今回最も重い規制を受けたと言ってもいい【超重武者】

3枚のカードが規制され中でもブレイク・アーマーは禁止カードとなっています。

ブレイク・アーマーが最も重い処置を施されているのは

これが1キルパーツとして使われていたのが要因でしょう。

それに加えてターン1制限のないサーチ効果を持っていたイワトオシも

制限カードに指定されています。

 

 

クシャトリラ・フェンリル(制限→禁止)

制限カードになっていたクシャトリラ・フェンリルですがとうとう禁止になってしまいました。

これに関しては「制限でも許されなかった」という結論に至ったという事でしょう。

まあそれぐらいには単体性能が強すぎたカードなのは確かであり

事実として未だに【クシャトリラティアラメンツ】などは今でも一線級で活躍していました。

これからのクシャトリラは本当の意味でフェンリルに頼らないデッキ構築が求められます。

 

 

デビルフランケン(制限→禁止)

まーた禁止になってるよこいつ

なんどか禁止経験のあるデビルフランケンがまた禁止になりました。

正直禁止になる心あたりは多すぎて逆に何が原因か判断し辛いですが

キラー・ポテトでデッキから引っ張りやすくなったのとかが要員でしょうか。

何はともあれナチュル・エクストリオなどは

今後またデビルフランケンに頼らない出し方が求められてくるでしょう。

 

 

盗人の煙玉(無制限→禁止)

装備して破壊する事でハンデスが行えた装備魔法です。

特に【焔聖騎士】でよく使われていたカードであり

焔聖騎士帝-シャルルで装備して破壊するというのがよく行われていました。

焔聖騎士帝でよく活用されるパワー・ツール・ブレイバー・ドラゴンとも相性がよく

また最近焔聖騎士が強化された事もあって禁止に踏み込んだのでしょう。

 

 

斬機サーキュラー(無制限→制限)

墓地肥やしを行いながら特殊召喚できる【斬機】用の強力なカードが制限に規制です。

斬機の強さを支えていたといってもいいパーツであり

1体しか攻撃できないといった制約も

アクセスコード・トーカーまで繋げればほぼ1ターンキルが出来るのであまり問題ないと

斬機に限らず様々なサイバース族デッキで他の斬機セットと一緒に採用されて暴れてもいました。

いつ規制かかってもおかしくなかったと言えるカードであり

今回とうとう規制されてしまったという感じですね。

 

 

EMモンキーボード(禁止→制限)

9期で散々暴れまわって禁止カードとなっていたEMモンキーボードが禁止解除されました。

海外のTCGでは一足先に禁止解除されていたカードであり

OCGでもそれにならった形となっています。

現在の環境では他にも強力なペンデュラムは多数登場しており

このカードが許される時代になったという事なのでしょう。

とはいえ強力なカードである事は間違いなく【エンタメイト】にとっては朗報となります。

 

 

M.X-セイバー インヴォーカー(禁止→制限)

長らく禁止カードとなっていたインヴォーカーが復帰しました。

強力なカードである事は間違いありませんが

現在はそもそもランク3のエクシーズデッキ自体が

そこまで目立った活躍をしていない事が禁止解除された要員でしょうか。

何はともあれこのカードが禁止解除された事で

レベル3モンスター2体からレベル4地属性の戦士族や獣戦士族が出せるようになるので

聖騎士の追想 イゾルデをはじめとする様々なモンスターの足掛かりとして使われそうです。

 

 

総評

今回もまた随分と大規模な改正となりました。

【超重武者】【クシャトリラ】【焔聖騎士】【斬機】【神碑】【ピュアリィ】と

影響を受けた環境デッキは多岐にわたっており

それ以外にも金満で謙虚な壺やデビルフランケン、ブロックドラゴンと

様々なカードが規制されてるので環境デッキ以外にも大きな影響を及ぼすでしょう。

 

同時に緩和されたカードも多く

【転生炎獣】【エンタメイト】【プランキッズ】【ドラグマ】【サンダードラゴン】などは

より戦いやすくなりましたね。

M.X-セイバー インヴォーカーや終末の騎士の緩和も

様々なデッキに影響を及ぼすと思われるので環境には大きな変化がおきそうです。

 

数多くの環境デッキが規制された中で

【レスキュー・エース】や【ヴァンキッシュ・ソウル】、【ラビュリンス】などは未だに健在です。

今後はこれらのデッキをどう対処していくかがより課題となりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました