PR
スポンサーリンク

《サラマングレイト・リヴァイブ》遊戯王OCGカード考察 蘇生のついでに1ターンキルしようとするんじゃない

スポンサーリンク

今回紹介するのは5月27日発売の
デュエリストパック-爆炎のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

カード説明

サラマングレイト・リヴァイブ
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「サラマングレイト」モンスター1体と、
自分の墓地の同名モンスター1体を対象として発動できる。
その墓地のモンスターをデッキに戻し、
その自分フィールドのモンスターの攻撃力はターン終了時まで自身の元々の攻撃力分アップする。

wiki

 

【サラマングレイト】用の通常罠です。

不死鳥のシルエットが炎の嵐を巻き上げています。

パイロ・フェニックスやレイジング・フェニックスが復活するのを

意識したイラストなのかもしれません。

 

リヴァイブとは生き返る、復活するといった意味の言葉です。

不死鳥を表す言葉としてはピッタリですね。

 

炎属性全般を蘇生可能、サラマングレイトの攻撃力を倍にも

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、墓地の炎属性1体を蘇生できるというものです。

特に表示形式や効果無効といった制約も存在しない

とてもシンプルかつ使いやすい蘇生効果となっています。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「サラマングレイト」モンスター1体と、
自分の墓地の同名モンスター1体を対象として発動できる。
その墓地のモンスターをデッキに戻し、
その自分フィールドのモンスターの攻撃力はターン終了時まで自身の元々の攻撃力分アップする。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

自分の場と墓地にある同名のサラマングレイト1体ずつを選択、

墓地のサラマングレイトはデッキに戻し、

場のサラマングレイトの攻撃力を自身の元々の攻撃力分だけアップさせるというものです。

墓地コストと引き換えにサラマングレイトの攻撃力を倍にでき、

転生リンク召喚や転生エクシーズ召喚をしていれば条件を満たす事が可能です。

転生炎獣レイジング・フェニックスをはじめとする攻撃力2800が

現時点でのサラマングレイトの最高攻撃力であり

これらの使う事で5600打点を確保する事ができます。

墓地のカードをデッキに戻す事ができる点も

エクストラデッキの消耗が激しいサラマングレイトにとって

エクストラデッキに戻して再利用できるメリットとして機能してくれるでしょう。

 

 

【サラマングレイト】にとって単純な蘇生カードとしてなら

繰り返し活用できる転生炎獣の意志が存在していますが

フリーチェーンで発動出来る点や②の効果での戦闘補助もできる点など

こちらならではのメリットも存在しています。

特に②の効果は転生炎獣ヴァイオレットキマイラと組み合わせた場合が強力で

自身の効果で攻撃力を高めた所にさらに2800攻撃力を高められるので

そこからさらに攻撃力を倍にできれば1ターンキルも容易に狙っていけます。

 

 

また単純に炎属性用の汎用蘇生カードとして使っていく事も可能です。

戦線復帰と違い攻撃表示で蘇生が出来るので

揚陸群艦アンブロエールのようなリンクモンスターの蘇生手段としても活用できます。

②の効果も活用したいのであれば

転生炎獣レイジング・フェニックス転生炎獣ブレイズ・ドラゴンあたりを

エクストラデッキに入れておくといいでしょう。

 

 

蘇生も打点上昇もそうですが

エクストラデッキに戻せるというのも地味にありがたいんですよね。

コメント