PR
スポンサーリンク

《サイバー・タクティカル・ドラゴン》遊戯王ラッシュデュエル考察 パワー・ボンドでやばい事になる新たなサイバー流!

スポンサーリンク

今回紹介するのは5月13日発売の閃光のオブリビオンよりこのカードです。

 

カード説明

サイバー・タクティカル・ドラゴン
フュージョン・効果モンスター
星9/光属性/機械族/攻3200/守2100
「サイバー・アサルト・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
【条件】自分の墓地のモンスター(光属性/機械族)2体をデッキに戻して発動できる。
【効果】攻撃力の合計がこのカードの攻撃力以下になるように、
相手フィールドの表側表示モンスターを2体まで選んで破壊する。

wiki

 

光属性機械族のレベル9フュージョンモンスターです。

 

稲妻を放出するアタッチメントが両サイドに取り付けられています。

このアタッチメント、丁度腕のようにも見え

東洋龍のような姿だった元のサイバー・ドラゴンに対して

どことなくワイバーンを思わせるような形状になっています。

 

自身の攻撃力以下まで相手のモンスター破壊

「サイバー・アサルト・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」

フュージョン素材にはサイバー・アサルト・ドラゴンサイバー・ドラゴンを指定しています。

最上級モンスターと上級モンスターの組み合わせですが

サイバー・ドラゴンとして扱える下級のプロト・サイバー・ドラゴンがいますし

サイバー・アサルト・ドラゴンは1体リリースでのアドバンス召喚が可能なので

実際には上級モンスター+下級モンスターぐらいの難易度で場に揃える事が可能です。

 

 

【条件】自分の墓地のモンスター(光属性/機械族)2体をデッキに戻して発動できる。
【効果】攻撃力の合計がこのカードの攻撃力以下になるように、
相手フィールドの表側表示モンスターを2体まで選んで破壊する。

その効果は1ターンに1度、墓地のモンスター2体をデッキに戻す事で

相手の表側モンスターを最大2体、合計攻撃力がこのカードの攻撃力以下になるように

選んで破壊するというものです。

墓地コスト自体はこのカードのフュージョン召喚をしていれば自然と確保できる代物であり

このカードの攻撃力が3200なのでそれ以下の数値まではこの効果で破壊できます。

その性質上自分より格上のモンスターの破壊こそできませんが

相手モンスターを除去した上で攻撃を叩きこめるので大きな戦闘ダメージが期待できます。

またフュージョン素材であるサイバー・アサルト・ドラゴンも破壊効果を持っているので

相手の場が最上級モンスター+下級モンスター2体みたいな状況であれば

相手モンスターを全滅させることも狙えます。

 

その性質上自身の攻撃力が上昇すればそれだけ破壊出来る範囲も増えます。

特にパワー・ボンドとは相性がよく攻撃力が6400に到達する為に

マキシマムモンスターですら破壊しつつ6400打点による直接攻撃を叩きこめます。

 

 

ラッシュデュエルでもサイバー流は愛されていますね。

もしかしたらそのうち何体かOCGに逆輸入されるかもしれませんね。

コメント