PR
スポンサーリンク

《ヴォルカニック・エンペラー》遊戯王OCGカード考察 何が何でもバーンで焼き殺すという殺意の権化

スポンサーリンク

今回紹介するのは5月27日発売の
デュエリストパック-爆炎のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

カード説明

ヴォルカニック・エンペラー
特殊召喚・効果モンスター
星8/炎属性/炎族/攻3100/守2400
このカードは通常召喚できない。
自分のフィールド(表側表示)・墓地から炎族モンスター3体か
「ブレイズ・キャノン」カード1枚を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
自分は「ヴォルカニック・エンペラー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:この方法でこのカードが特殊召喚した時に発動できる。
除外状態の炎族モンスターの数×500ダメージを相手に与える。
その後、デッキから「ヴォルカニック」罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。
②:相手がモンスターを特殊召喚する度に相手に500ダメージを与える。

wiki

 

【ヴォルカニック】の新規となる炎属性炎族のレベル8特殊召喚モンスターです。

 

 

溶岩で出来たような体に黒い装甲を纏うドラゴンのような姿のモンスターです。

体の各所から炎が噴き出ているのが実に炎属性って感じですね。

名前的にヴォルカニック・クィーンを意識している感じでしょうか。

 

相手が特殊召喚する度に500ダメージ

このカードは通常召喚できない。
自分のフィールド(表側表示)・墓地から炎族モンスター3体か
「ブレイズ・キャノン」カード1枚を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
自分は「ヴォルカニック・エンペラー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

特殊召喚モンスターでありフィールドか墓地から

炎族3体か「ブレイズ・キャノン」と名の付くカード1枚を除外する事で手札や墓地から特殊召喚可能です。

出しやすいのはブレイズ・キャノンと名の付くカードを除外して特殊召喚する事ですが

炎族3体を除外して特殊召喚する事で①の効果がより効果的に使えるようになるので

可能であれば効率よく墓地肥やしを行いつつ特殊召喚を狙いたい所です。

 

①:この方法でこのカードが特殊召喚した時に発動できる。
除外状態の炎族モンスターの数×500ダメージを相手に与える。
その後、デッキから「ヴォルカニック」罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。

①の効果は自身の効果で特殊召喚した時に

除外ゾーンの炎族の数×500のダメージを相手に与えつつ

デッキからヴォルカニック罠を自分の場にセットできるというものでう。

炎族3体を除外して特殊召喚していればそれだけで1500のバーンが確立され

他に炎族を除外していればさらにダメージは増えていきます。

 

セットする罠は妨害手段として活用できるヴォルカニック・インフェルノが有力です。

 

②:相手がモンスターを特殊召喚する度に相手に500ダメージを与える。

②の効果は相手がモンスターを特殊召喚する度に500ダメージを与えるバーン効果です。

昨今では1ターンに大量展開する事も珍しくなく

仮に5回特殊召喚すれば2500バーンと相当なダメージ量となってきます。

特にリンク召喚やシンクロ召喚を主軸とするデッキ相手であれば

この効果だけでシャレにならないダメージ量を叩き出す事もできるでしょう。

 

 

どちらの効果もバーンダメージを与えていくという

絶対に相手を焼き殺すという鉄の意思と鋼の強さが感じられるカードです。

仮に炎族3体除外で相手が3回特殊召喚をした場合、

それだけでも合計3000のバーンダメージを与えられます。

実際には除外する炎族をもっと増やしていく事も充分狙っていけるので

ダメージはさらに加速していく事になるでしょう。

 

自身の攻撃力も3100と高いのでバーンダメージに加えて

戦闘でもダメージを与えていく事も充分に狙えます。

自身の効果で墓地から蘇生出来る事も合わせて毎ターン継続的に場に出していけば

相手のライフは瞬く間に削れていく事になるでしょう。

3回ほど特殊召喚する頃には決着がついていてもおかしくありません。

 

 

今時分かりやすいぐらいにダメージを与えるのに特化した性能ですね。

耐性の類はありませんが墓地からの蘇生は簡単に狙っていけるので

除外やデッキバウンスされない事にだけ気を付けていくのがいいと思います。

コメント