PR
スポンサーリンク

《竜王キング・レックス》遊戯王OCGカード考察 シンプルに攻撃性能が高い恐竜族の頼れるアタッカー!

スポンサーリンク

今回紹介するのは4月22日発売の

DUELIST NEXUS(デュエリスト・ネクサス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

竜王キング・レックス
効果モンスター
星9/地属性/恐竜族/攻3200/守1200
①:このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。
②:このカードがこのターンに召喚・反転召喚・特殊召喚されていない場合、
1ターンに1度、相手フィールドのモンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

wiki

 

地属性恐竜族のレベル9モンスターです。

名前や姿からして二頭を持つキング・レックスの進化形と思われます。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的にマッシブな姿となり紫色だった体は所々が赤く変色しています。

迫力満点でまさに正統進化って感じですね。

頭だけでなく尻尾も2つになっています。

 

スポンサーリンク

 

戦闘破壊すればもう1回攻撃

①:このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

①の効果は相手モンスターを戦闘破壊した時に

追加で攻撃が可能というものです。

攻撃力が3200と高めなので発動を狙える機会は充分にあるでしょう。

この手の効果としては珍しくモンスター以外にも追加攻撃が可能であり

相手の場のモンスターが1体であれば戦闘破壊した後に直接攻撃をしかけられます。

 

②:このカードがこのターンに召喚・反転召喚・特殊召喚されていない場合、
1ターンに1度、相手フィールドのモンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

②の効果はこのターンに場に出ていない場合に1ターンに1度、

相手のモンスター2体を破壊できるというものです。

攻撃ではなく効果の発動に召喚酔いが発生するという珍しい効果です。

発動さえできれば2体のモンスターを破壊できる優秀な除去であり

相手エンドフェイズに蘇生するなどすれば発動を狙っていけます。

 

 

一緒に収録されるジュラシック・パワーとは特に相性がよいカードであり

このカードをサーチできると同時にリリースなしでも召喚可能とし、

さらに攻撃力を高めてくれる為に①の効果もより有効活用が可能です。

耐性の類はないので②の効果を発動できるまでに生き残れる可能性は低いものの

単純にアタッカーとして活用するだけでも十分に活躍してくれるでしょう。

 

前述の通り②の効果を有効利用したいのであれば

フリーチェーンの蘇生カードを利用するのがオススメです。

相手エンドフェイズでの蘇生を狙うのであれば戦線復帰などでも問題ないでしょう。

 

 

 

ちなみに「レックス」はラテン語で「王」を意味する言葉なので

日本語、英語、ラテン語の3つで王の名を冠している

やたら王としての自己主張が高いカードです。

コメント