PR
スポンサーリンク

《くず鉄の神像》遊戯王OCGカード考察 鉄蔵さんが赤き竜の像を作ってくれました!やっぱり毎ターン使えます!

スポンサーリンク

今回紹介するのは4月22日発売のDUELIST NEXUS(デュエリスト・ネクサス)よりこのカードです。

 

カード説明

くず鉄の神像
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地・除外状態のレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズにEXデッキに戻る。
発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。
②:セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
EXデッキから「赤き竜」1体を特殊召喚する。

wiki

 

くず鉄シリーズの新規となる通常罠です。

 

黄昏時のマーサハウスと思われる場所に赤き竜の像がつくられています。

くず鉄で作られているといいつつもかなりしっかりとした造形になっていますね。

恐らくはくず鉄の像と同様に屑山鉄蔵が赤き竜の像を作ったのでしょう。

またネーミングは「心臓」にもかかってると思われます。

 

スポンサーリンク

墓地や除外ゾーンからレベル7とレベル8のドラゴン族シンクロを

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地・除外状態のレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズにEXデッキに戻る。

①の効果は1ターンに1度、レベル7のドラゴン族シンクロを

墓地や除外ゾーンから特殊召喚できるというものです。

特殊召喚したドラゴン族シンクロはエンドフェイズにエクストラデッキに戻ってしまうものの

フリーチェーンで特殊召喚ができるので

月華竜 ブラック・ローズ特殊召喚する事でフリーチェーン除去としても機能するようになります。

除外ゾーンからも特殊召喚が可能であり

混沌魔龍 カオス・ルーラーあたりを再利用する手段としても活用できます。

 

エクストラデッキに戻ってしまう点も再びシンクロ召喚が狙えるようになる事を考えれば

一概にデメリットとも言えません。

それでも戻ってしまうのを避けたければシューティング・ライザー・ドラゴン

フリーチェーンで更なるシンクロに繋げられるのでオススメです。

 

発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。

またくず鉄シリーズ共通の仕様として発動した後に再びセット可能です。

これにより除去されない限り毎ターン発動が狙えます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
EXデッキから「赤き竜」1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、相手の効果によって破壊された場合に

エクストラデッキから赤き竜を直接特殊召喚可能です。

いわゆる地雷効果であり一度発動を見せていると地雷としてバレバレなものの

ハーピィの羽根帚などの魔法罠除去に対するけん制として機能します。

特殊召喚される赤き竜は他にシンクロがいないと役立たずですが

①の効果でシンクロを呼び出せるので上手くかみ合っています。

 

 

特殊召喚したシンクロがエンドフェイズにエクストラデッキに戻ってしまうものの

毎ターンシンクロを特殊召喚出来るというのは実に有用で

下手に除去すると②の効果で今度は赤き竜が降臨してくるので

相手は迂闊に破壊する事もできません。

何よりも他のくず鉄シリーズと違って能動的に発動出来る効果なので

お互いのターンにそれぞれ特殊召喚が狙えるのが一番のポイントです。

自分ターンに特殊召喚したシンクロは各種素材に利用しやすいので

エクストラデッキに戻ってしまう点もあまり問題にならないでしょう。

 

総じて条件に該当するレベル7、8のドラゴン族シンクロを利用するのであれば

とても優秀なカードでありかつ赤き竜でサーチできる点も大きな魅力です。

 

 

もういっその事シグナ―竜の像全部作ってくれませんか鉄蔵さん。

 

コメント