PR
スポンサーリンク

《マナドゥム・トリッド》遊戯王OCGカード考察 他のマナドゥムにも繋げられる3体目のマナドゥムチューナー!

スポンサーリンク

今回紹介するのは4月22日発売の

DUELIST NEXUS(デュエリスト・ネクサス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

マナドゥム・トリッド
チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/天使族/攻 0/守1500
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」
または攻撃力1500/守備力2100のモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「マナドゥム」チューナー1体を特殊召喚する。

wiki

 

【マナドゥム】の新規となる炎属性天使族のレベル2モンスターです。

 

桜の木に実る球体の中で赤い着物とお面を被った小人がはしゃいでいます。

球体にはクシャトリラ基地のミニチュアのようなものがあり

ヒアレスがスケアクロー、ミークがティアラメンツを意識しているのと同じように

こちらはクシャトリラを意識したイラストとなっています。

 

「トリッド」とは「熱烈」や「情熱的」といいった意味の言葉です。

丁度憤怒の名を冠するクシャトリラからマイナスイメージをなくしたような感じですね。

 

スポンサーリンク

 

破壊されればマナドゥムチューナーを特殊召喚

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」
または攻撃力1500/守備力2100のモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場にヴィサス=スタフロストか攻撃力1500守備力2100のモンスターがいる場合に

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

マナドゥムチューナーが共通で持つ自己展開効果であり

マナドゥム・リウムハートでサーチすればそのまま特殊召喚が可能です。

 

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「マナドゥム」チューナー1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、戦闘破壊か効果破壊された場合に

デッキからマナドゥムチューナー1体を特殊召喚できるというものです。

こちらも各種マナドゥムと共通している破壊された際の後続へと繋げる効果です。

他のマナドゥムと違い特殊召喚先が同名カードに限定されておらず

他のマナドゥムチューナーへとバトンタッチが可能です。

 

 

【マナドゥム】は自分のカードを積極的に破壊して展開を行っていきますが

いずれのマナドゥムチューナーも破壊された場合の効果がターン1の制約があったために

単体だと自分のカードを破壊して動くのも1回が限度でした。

このカードは自身を破壊して別のマナドゥムチューナーへバトンタッチできるので

累計2回自分を破壊しての動きが行えるようになるので

そういう意味で何かと融通の利くカードとなっています。

 

単純にメインデッキへ投入できるマナドゥムがもう1種類増えるのもポイントです。

マナドゥムはとにかくデッキからの特殊召喚を多用する関係で

デッキから特殊召喚するべきカードがもうないという事態が結構起こり得ましたが

このカードのおかげである程度デッキの息切れを先延ばしできるようにもなりました。

 

 

こうやって新規のマナドゥムが出てきたことを考えると

ヴィサス=アストラウド襲来後も

マナドゥムは平和を維持できた感じでしょうか。

コメント