PR
スポンサーリンク

「遊戯王マスターデュエル」2023年4月10日に新レギュレーション!OCGに続いてスキドレ制限!

スポンサーリンク

2023年4月10日に遊戯王マスターデュエルにおいてリミットレギュレーションが改定されます。

前回の記事はこちらです。

 

 

規制強化されるカード

 

制限
スキルドレイン
群雄割拠
午前試合
朱光の宣告者
ふわんだりぃずと謎の地図

 

準制限
神秘の泉
神秘の穂先
ネクロフェイス

規制緩和されるカード

 

準制限
雷鳥龍-サンダー・ドラゴン

 

無制限
オルターガイスト・マルチフェイカー
魂喰いオヴィラプター
超融合
霞の谷の神風
オルフェゴール・ガラテア
魔導書の神判
SPYRAL-ジーニアス

 

OCGに続いてマスターデュエルでもスキルドレインが制限となりました。

既に準制限になっていましたがより厳しくなった形となります。

これは特に現在【神碑】が環境に台頭しておりそちらと相性がよかった影響があるのでしょう。

実際に他にも神秘の泉や神秘の穂先が規制されており

神碑に対して警戒している事が伺えます。

 

また朱光の宣告者が制限カードになっています。

こちらはイシズデッキに組み込まれていた影響が強いのでしょう。

ただOCGでは強い規制がかけられた中で未だに準制限止まりだったりするので

今後出てくるであろうティアラメンツやナチュルの事を考えると

まだまだイシズ関連のカードを組み込んだデッキは止まらなそうですね。

むしろ朱光の宣告者の制限は【ドライトロン宣告者】の方が与える影響が強そうです。

 

あとはふわんだりぃずと謎の地図も制限になっていますね。

群雄割拠も制限になっているあたり【ふわんだりぃず】に限らず

種族を統一しているデッキはこのカードをメタとして使いづらくなります。

 

緩和されたのは【オルターガイスト】【SPYRAL】【魔導】【オルフェゴール】

それから【サンダードラゴン】関連のカードですね。

SPYRAL-ジーニアスと魔導書の審判が無制限というのはなんとも時代を感じさせます。

魂喰いオヴィラプターが無制限になったことで恐竜族デッキも大分動きやすくなりそうです。

 

緩和されたカード関連のテーマはいずれも高いポテンシャルを持っているものばかりであり

今後マスターデュエルで見かけてくる機会も増えってくるかもしれません。

特に【SPYRAL】と【魔導】はOCGよりも規制が緩くなっている為に

マスターデュエルならではの活躍に注目ですね。

コメント