PR
スポンサーリンク

《黒魔術師のカーテン》遊戯王ラッシュデュエル考察 黒魔術のカーテンがモンスターになりました

スポンサーリンク

今回紹介するのは 3月4日発売のレジェンド覚醒パックよりこのカードです。

 

 

カード説明

黒魔術師のカーテン(マジシャンのカーテン)
効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 700/守 700
【条件】700LPを払って発動できる。
【効果】自分のデッキの上からカードを4枚めくり、お互いに確認する。
自分はめくったカードの中から
「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を
合計2体まで選んで手札に加える事ができる。
残りのカードを好きな順番でデッキの下に戻す。

wiki

 

闇属性魔法使い族のレベル2モンスターです。

OCGに存在していた黒魔術のカーテンがモンスターとなってリメイクされました。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

基本的にほぼ黒魔術のカーテンまんまの姿をしておりイラスト違うのようなものになっています。

元の黒魔術のカーテンにもあったオーラがより顕著に確認でき

禍々しさが伝わってきますね。

 

スポンサーリンク

 

4枚めくってブラマジ師弟があれば手札に

【条件】700LPを払って発動できる。
【効果】自分のデッキの上からカードを4枚めくり、お互いに確認する。
自分はめくったカードの中から
「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を
合計2体まで選んで手札に加える事ができる。
残りのカードを好きな順番でデッキの下に戻す。

その効果は1ターンに1度、

ライフを700支払う事でデッキトップからカードを4枚めくりその中に

ブラック・マジシャンかブラック・マジシャン・ガールがいれば

そのうち2体までを手札に加えられるというものです。

ライフコストが必要な点は元の黒魔術のカーテンと共通していますが

あちらがライフ半分なのに対しこちらはライフ700と固定値になっています。

 

最大で2枚分のアドバンテージを確保できますがその為には

めくった4枚の中に2枚は該当カードがある必要があります。

該当カードは合計で4枚まで採用する事が可能であり

例えば35枚中に4枚眠っていれば1枚めくれる確率は40%程度、

2枚めくれる確率は5、6%程度まで下がります。

デッキ圧縮すればもう少し確率を上げる事ができますが

基本的には1枚めくれればOKぐらいの感覚で発動するべきでしょう。

 

今回のパックではレジェンドカード用のサポートとして

「デッキから数枚カードをめくりその中に該当カードがあれば手札に加えたり特殊召喚したり」

といった効果のカードがよく見られますが

多くのカードが1枚しかデッキに採用出来ないレジェンドカードのみに対応するのに対し

こちらはブラック・マジシャンのみならずブラック・マジシャン・ガールにも対応してるのがポイントです。

合計4枚積めるので他の同系統の効果に比べて外れになる確率はぐっと下がっているので

ライフコストが必要な事を踏まえても使い勝手はいい代物となっています。

無事手札に確保できた場合はそのままこのカードをリリースして

アドバンス召喚に繋げられれば無駄がありません。

 

 

こういうOCGのカードがラッシュデュエルにリメイクされてるの見ると

逆にラッシュデュエルのカードがOCGに

逆輸入されないかとも期待してしまいますね。

コメント