PR
スポンサーリンク

《赫聖の相剣(かくせいのそうけん)》遊戯王OCGカード考察 シンクロデッキ全般で活用できる汎用性の高さ!

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月14日発売の

CYBERSTORM ACCESS(サイバーストーム・アクセス)よりこのカードです。

 

カード説明

赫聖の相剣(かくせいのそうけん)
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにSモンスターが存在する場合、
自分または相手の、フィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
②:相手フィールドに儀式・融合・S・X・リンクモンスターのいずれかが存在する場合、
自分の墓地からSモンスター1体を除外して発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

wiki

 

【相剣】用の通常魔法です。

 

赫聖の妖騎士がランスを天に掲げて赤い稲妻を落としています。

異常に長く伸びた髪と暗く描かれた中で赤く光る眼など不気味さが漂っていますね。

また頭上には深淵の神獣ディス・パテルのシルエットが映っています。

ディス・パテルの力を借りて赫聖の妖騎士が暴れているという描写でしょうか。

 

スポンサーリンク

 

シンクロモンスターがいればカード除外、墓地からシンクロ除外して再利用も

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにSモンスターが存在する場合、
自分または相手の、フィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

①の効果は自分の場にシンクロモンスターがいる場合に

お互いの場や墓地にあるカード1枚を除外できるというものです。

シンクロモンスターを用意するという条件こそありますが

モンスターと魔法罠どちらにも有効な除去であり

墓地メタとしても活用する事ができます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:相手フィールドに儀式・融合・S・X・リンクモンスターのいずれかが存在する場合、
自分の墓地からSモンスター1体を除外して発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

相手の場に儀式、融合、シンクロ、エクシーズ、リンクのいずれかがいる場合に

墓地からシンクロモンスター1体を除外する事で

墓地のこのカードを手札に回収できるというものです。

相手に依存するもののこれらの召喚法を行わないデッキというのはあまり多くなく

墓地コストさえ確保できれば繰り返し再利用しやすいです。

 

 

【相剣】に限らずシンクロデッキ全般で活用できる万能除去であり

積極的にシンクロ召喚を行うデッキであれば発動条件は容易に満たせ、

②の効果による再利用も狙いやすいでしょう。

特にゼラの天使とは相性が良く、②の効果で除外する事で特殊召喚にも繋げられます。

【不知火】も②の効果による除外をメリットとして活用していけるでしょう。

 

結局フルルドリスってどうなったのでしょうね。

敵かも味方かもわからない状態です。

コメント