PR
スポンサーリンク

《赫ける王の烙印(かがやけるおうのらくいん)》遊戯王OCGカード考察 効果もだけど手札コストとしても優秀!

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月14日発売の

CYBERSTORM ACCESS(サイバーストーム・アクセス)よりこのカードです。

 

カード説明

赫ける王の烙印(かがやけるおうのらくいん)
通常罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:「アルバスの落胤」を融合素材とする自分フィールドの融合モンスター1体を選び、
そのモンスター以外のフィールドの全ての表側表示のカードの効果をターン終了時まで無効にする。
②:このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

wiki

 

アルバスの落胤用のサポートとなる通常罠です。

 

 

スポンサーリンク

 

真炎竜アルビオンが金色に輝く並のようなオーラを周囲へと放っています。

具体的に何をしている場面かは不明ですが

流れ的には深淵の獣ルベリオンあたりに攻撃しているものと思われます。

アルバス関連の融合モンスター以外の全ての効果を無効に

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:「アルバスの落胤」を融合素材とする自分フィールドの融合モンスター1体を選び、
そのモンスター以外のフィールドの全ての表側表示のカードの効果をターン終了時まで無効にする。

①の効果は1ターンに1度、

アルバスの落胤を融合素材に指定する自分の融合モンスター1体を選んで

それ以外の全ての表側カードの効果を1ターンの間無効にするというものです。

選んだモンスター以外の効果を全て封じてしまう豪快な効果であり

モンスター効果だけでなく発動した魔法や罠なども無効にできるので

妨害だけでなく除去に対する防御手段としても利用しやすいです。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

融合モンスターが自分の墓地へ送られているエンドフェイズに

墓地のこのカードを手札に回収できます。

アルバスの落胤は積極的に融合召喚を行いますし

氷剣竜ミラジェイドは自身の効果でEXデッキから融合モンスターを墓地へ送る事ができるので

発動機会に困る事はそうそうないでしょう。

 

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できないので

相手ターンに①の効果を、自分ターンに②の効果をといった感じで使い分けるのがいいでしょう。

ただ発動出来るのがエンドフェイズなどで実際に発動出来るのは後の方になります。

 

 

単純に妨害用のカードとして優秀である上に容易に再利用もできると

中々にハイスペックなカードです。

②の効果で再利用するのが遅いという場合には

アルバスの落胤や深淵の獣アルベルなどの手札コストとして利用してしまうのもいいでしょう。

この場合、1度発動した後は自分ターンでも相手ターンでも②の効果で回収できるので

相手ターンに効果を発動したい氷剣竜ミラジェイドなどでも積極的に墓地から回収できます。

 

実質的に石破ラブラブ天驚拳みたいな必殺技カードという認識でいいのでしょうか?

コメント

  1. 匿名 より:

    鉄獣の咆哮と赫聖の相剣でもこれの金色の光がチラ見えしてるのでディスパテェルへのトドメの同時攻撃のシーンだと思う