遊戯王ゴーラッシュ!!第41話『ニャカヨシ星の奇跡』感想 開眼みつ子アイズ!ズウィージョウを巡る醜き女の争い

遊戯王ゴーラッシュ41話の感想です。

 

 

勝負の存在しなかった星

氷漬けになったニャカヨシ星の人々を助けにやってきた六葉町御一行、

その目的は大量に作ったカレーパンによって早々に達成する事ができました。

ニャンデスターの両親も無事もとに戻り親子で感動の再開をしています。

ちょっと凍ってる間にすっかり大きくなってと言っているあたり

恐らくは10年近くもの間氷漬けのままになっていたと思われます。

助けてもらった事に感謝しつつ恐怖の大王からどうやって救出したのかを問う人々、

しかしラッシュデュエルで勝った結果と答えると皆怯えたように家に閉じこもってしまいます。

 

どうやら元々この星には勝ち負けを決めるという文化が存在していなかったようです。

そこにザ☆ルーグがニャカヨシ星に様々な遊びを伝えましたが

その遊びはじゃんけんや鬼ごっこ、フライングパワーディスクなどといった

勝ち負けを決めるものばかりでさらに例によって負けた相手をルーグが氷漬けにしてた為に

「勝負に負ける=氷漬けになる」という恐怖が人々に植え付けられてしまったようです。

ユウディアスがラッシュデュエルの面白さを伝えようとしますが

圧が強すぎて余計怖がらせる結果になっています。

 

せっかく無事に助けられ再開できたのはいいものの

故郷の人々に癒えない傷がある事に落ち込み時間切れで猫に戻るニャンデスター。

そういえばそもそもニャカヨシ星の人々はずっと人の姿で猫の姿にはなりません。

なぜニャンデスターだけ猫の姿になってしまっているのかは本人にも分からないようで

逃げる際にこの姿になってしまったようです。まだまだ謎がありそうですね。

 

さてそんな中怪しいケミカル反応をキャッチします。

そこに宇宙船ザイダベルギャーと共に姿を現したのは

いかにも生意気なメスガキといった感じのとっても小さな少女ディノワ・ベルギャー。

ユウディアスが言うにはズウィージョウの右腕にして名参謀との事。

彼女はズウィージョウに命じられてユウディアス達を監視していたようです。

今どこにいるかを聞こうとしますが教えるわけがないと答えるディノワ。

それに対してラッシュデュエル勝ったら教えてくれと遊飛は言います。

どうやら実際にラッシュデュエルを見せてそれが楽しいものであると

ニャキョシ星の人々に伝えたい意図もあるようですね。

そこでやる気になったのが何やら鍋をかき混ぜ続けている平森みつ子。

是が非でもズウィージョウ様の居場所を教えてもらうとディノワに詰め寄り、

ディノワはもし自分が勝ったら一生ズウィージョウに会えなくすると食ってかかります。

既にズウィージョウを巡る女同士の争いがバチバチと繰り広げています。

こうしてみつ子VSディノワのラッシュデュエルが始まりました。

3メートル宇宙人VS1メートル宇宙人という対決です。

 

 

スポンサーリンク

精神攻撃は基本

先攻はディノワ、ドロー。

ヴォイドアルヴ・バタフレイムとヴォイドアルヴ・アメンボイジャーを召喚します。

彼女またギャラクシー族使いでズウィージョウとおそろいだとみつ子にマウントを取ってきます。

ディノワはこれでターンエンドです。

ところで以前はスーツ装着してなかった?と素朴な疑問を問いかける遊飛。

どうやらあれは以前破損してからまだ修理中、

というよりそもそも修理をしていない様子です。

最初は修理を使用としていたもののズウィージョウに「別にそのままでもいいのでは?」と言われた結果

「そのままでいい」→「ありのままの君でいい」→「ありのままの君が好き」(言ってない)

といった風にみつ子がズウィージョウの言葉を乙女フィルター全開にしてこじらせて

修理をせずに素顔を晒している様子です。

みつ子お前そんなキャラだったのか。

 

みつ子のターン、ドロー。

秘密捜査官ミスキャストを召喚して効果発動、

自分の場のモンスターがこのカードのみの場合にデッキから3枚墓地へ送り

その中に光属性爬虫類族があれば墓地から1体手札に加えます。

更に秘密捜査官ミスリードを召喚して2体リリース、

エリート秘密捜査官ミステリーをアドバンス召喚します。

が、ここでディノワが罠「リップル・ショックウェーブ」を発動、

自分のギャラクシー族と相手モンスター1体をそれぞれ裏側守備表示にし

さらに場にアメンボイジャーがいれば墓地の相手モンスター2体をデッキに戻します。

みつ子はめげずにミスリードをもう1体と秘密捜査官ミスマッチを召喚、

ミスリードの効果でライフを300払って裏側のミステリーを表側に戻しますが

ディノワは立て続けに罠「プロミネンス・ウェブ」を発動、

ミステリーを破壊してさらにバタフレイムが場にいる事でもう1体破壊します。

結局このターンみつ子はろくに動けずにターンエンドする事になります。

 

ところで先ほどからみつ子がかき混ぜている鍋ですが中身はだんご汁でした。

夕食として振舞おうとしていた所にズウィージョウが「さらばだ、みつ子」といって姿を消し、

その際にみつ子は「だんご汁温めてお待ちしていますから!」と宣言した事で

今でも温め続けている様子です。

なおディノワはズウィージョウはだんご汁よりビーフシチューが好きだと

男の好物を知っているマウントをとってみつ子のメンタルを攻撃してきます。

実際こうかはばつぐんなようで相当にショックを受けています。

 

 

ディノワのターン、ドロー。

ヴォイドアルヴ・マンティスターを攻撃表示に戻した後に

デッキトップからカード2枚を墓地へ送ってバタフレイムの効果発動、

ミスリードの攻撃力を300下げます。

さらにマンティスターの効果で場に属性の違うモンスターが3体いる時に

墓地のモンスター1体を手札に加えます。

そして2体リリースでヴォイドアルヴ・ヘヴンスターをアドバンス召喚します。

ここで魔法カード「マイクロノヴァ」を発動、

手札を2枚墓地へ送る事でヘヴンスターの攻撃力を800アップさせ

さらに墓地の属性×100のダメージを相手に与えます。

今回は墓地の4属性があるので400ダメージです。

ズウィージョウにもらったカードだと細かい所でマウントを取るのを忘れないディノワ。

細かくみつ子の脳を破壊しにきています。

さらにアメンボイジャーの効果で墓地の属性の異なる4体をデッキに戻す事で1枚ドローします。

そして1体リリースしてヴォイドアルヴ・アンドロメタをアドバンス召喚。

ここでヘヴンスターの効果を発動して墓地の魔法カードをデッキに戻す事で1枚ドローします。

2度目のマイクロノヴァを発動して今度は200ダメージです。

ダンゴー坂星雲サービスエリアで

ズウィージョウと一緒にソフトクリームを食べたと相変わらずマウントを取るディノワ。

宇宙ってサービスエリアが商売として成り立つんですね・・・。

 

こうして細かくマウントを取られたみつ子はついにぶちぎれます。

攻撃力4000のヘヴンスターでミスリードに攻撃するものの

みつ子は罠「秘密FILE33-怨みの散華」を発動、

ヘヴンスターの攻撃力を3000下げてミスリードと相打ちに持ち込みます。

この際に声がスーツを装着していた頃のようなだみ声に戻っています。

それでもディノワはめげずにもう1体のヘヴンスターで直接攻撃、

みつ子のライフを残り400にします。

 

みつ子は激怒した

ディノワはこれでターンエンド。そしてみつ子の様子が明らかにおかしいです。

鍋に入っていただんご汁を全てのみ干した後に鍋を素手でぺしゃんこにするみつ子。

これにはさすがのディノワもガチビビリしています。

みつ子は宣言します。もうズウィージョウを待つことはやめにすると。

自分からズウィージョウの元に赴くことにすると。

そして修理中だったはずのスーツを呼び出して装着し

乙女心を弄ぶやからは必ずこの手で天誅を下すと決意します。

まさかズウィージョウもみつ子にここまで恨まれるとは予想外でしょう。

 

みつ子のターン、ドロー。

ミスキャストを召喚して効果発動、

ライフが残り100になりますがまったく意に介さない感じです。

そしてミスマッチを召喚して効果で墓地からミステリーを蘇生します。

それに対してディノワは再びリップル・ショックウェーブを発動し裏側守備表示にしますが

そのまま手札から2体目のミステリーをアドバンス召喚します。

そしてミステリーの効果、場に光属性が3体いる時に

フィールドの2体と手札の1枚をデッキに戻す事で攻撃力を300アップ、

さらに墓地から2体のミステリーを蘇生させます。

お前のライフの終わりまで3つ数えろと宣言して1体目のミステリーでヘヴンスターを戦闘破壊、

続く2体目、3体目で立て続けにダイレクトアタックをしてディノワのライフを0にしました。

みつ子の勝利です。

 

勝負には勝ったものの女同士の仁義なき争いに

「大丈夫これ?ニャカヨシ星の人々さらに勝負こわがったりしない?」と不安がる一同、

しかし当の人々は実に面白いかったと盛り上がっていました。

とりあえず負けても氷漬けにならないのが分かって安心しているようすですね。

なおその当人2人は今でも醜い争いを繰り広げていました。

いやいくらなんでもこの構図のディノワ小さすぎない?

なおそんな争いもニャカヨシ星の人々にとっては

仲良くじゃれているようにしか見えないようです。案外逞しいなこの人たち!?

ズウィージョウの場所は絶対に教えないっと意地を張るディノワでしたが

ベルギャー星にいると口を漏らした事で六葉町一行の次の目的地が決まったようですね。

 

 

 

 

 

というわけでズウィージョウの参謀、ディノワ=ベルギャーでした。

みつ子と対象的に1メートルにも満たないような小柄な宇宙人であり

耳当ての模様から前作の七星ナナホとの関係性を思わせます。

ユウディアス、ズウィージョウに続くギャラクシー族の使い手で

光と闇属性以外の4属性を中心に扱い、

使うカードも属性の種類に関係したものが揃っています。

 

そして今回の目的はベルギャー星のようですね。

六葉町の面々が地球に帰る日はまだまだ遠そうです。

 

 

スポンサーリンク

次回予告 第42話『運び屋シューバッハ』

公式予告

 

ベルギャー星を新たな目的地にしたはいいものの

その為には超超光速航行をする必要がありその為にゴラドニウムという鉱石が必要なようです。

というわけでまずはその鉱石を求めて鉱山惑星へ行くようですね。

ただそこで同じようにゴラドウニウムを求めて来たシューバッハと出会い

鉱石をかけて遊飛と対決を行います。

名前的にはミカエル・シューマッハを意識していますね。

 

バスター・ブレイダー!バスター・ブレイダーじゃないか!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました