《愉怪な燐のきつねびゆらら》遊戯王OCGカード考察 相手が灰流うらら使ったら毎ターン自己蘇生できるって

今回紹介するのは1月14日発売の

CYBERSTORM ACCESS(サイバーストーム・アクセス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

愉怪な燐のきつねびゆらら(ゆかいなりんのきつねびゆらら)
効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻 0/守 0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの表側表示モンスターは炎属性になる。
②:このカードが墓地に存在し、
相手のフィールドまたは墓地に炎属性モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

wiki

 

炎属性戦士族のレベル3モンスターです。

 

ちいさな狐の霊たちが集まって蝋燭を設置して戯れています。

何もない所に提灯や松明のような火が現れる現象である狐火は「燐火」とも呼ばれており

その様子をちいさな狐の霊が蝋燭をつける事で表現しているのでしょうね。

実にほんわかした絵柄の可愛らしいイラストです。

 

スポンサーリンク

 

相手の場か墓地に炎属性があれば墓地から蘇生

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの表側表示モンスターは炎属性になる。

①の効果はモンスターゾーンに存在する間、

フィールドの表側モンスター全てを炎属性にしてしまう属性変更効果です。

自分だけでなく相手の場のモンスターも強制的に炎属性にしてしまうので

炎属性以外の属性に特化した相手にはメタの一種として機能します。

 

超熱血球児とは相性が良く自分だけでなく相手モンスター全てを参照して攻撃力を強化できる上に

好きな自分のモンスターをキャノン・ソルジャーのように撃ちだす事が可能となります。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在し、
相手のフィールドまたは墓地に炎属性モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

相手の場か墓地に炎属性がいる場合に自身を墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

この手の自己蘇生にありがちなフィールドから離れると除外されるデメリットもなく

毎ターン繰り返しリンク素材などに活用していけますし

そのまま場に残して①の効果を適用する事も可能です。

条件を満たす手っ取り早い方法は相手の場に

怒炎壊獣ドゴランなり溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムなり送り付けてしまう事でしょう。

また墓地に炎属性がいても発動条件を満たせるので

相手が灰流うららを墓地に送っていればそれで毎ターンの蘇生が可能となります。

 

 

炎属性デッキ相手には②の効果による蘇生が狙いやすく、

それ以外の属性デッキ相手には①の効果によって妨害が狙えると

何かしらの属性に偏ったデッキ相手に強く出れるカードとなっています。

単純に相手に炎属性を送り付けて自己蘇生を狙うだけでも仕事が可能であり

素材要員としても扱いやすいです。

 

変わった所では天孔邪鬼と組み合わせるのも面白いです。

炎属性扱いで相手に送り付ける事で②の効果の自己蘇生条件を満たす事が可能であり

そのままフィールドのモンスターを全て炎属性にする事で

特殊召喚された全てのモンスターの効果を封じられます。

 

 

超熱血球児とこのカードを組み合わせた1キルバーン、

もしかしたら開発されちゃうかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました