《プレイング・マンティス》遊戯王OCGカード考察 墓地に送るだけで何にでも使えるトークンが!

12月17日、18日にジャンプフェスタ2023が開催されます。
今回はそちらにて販売されるPREMIUM PACK 2023(プレミアムパック2023)よりこのカードです。

 

カード説明

プレイング・マンティス
効果モンスター
星4/風属性/昆虫族/攻1500/守1200
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分スタンバイフェイズに発動できる。自分フィールドに
「ベビーカマキリトークン」(昆虫族・風・星1・攻/守500)1体を特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時、
自分の魔法&罠ゾーンのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドに「ベビーカマキリトークン」1体を特殊召喚する。

wiki

 

風属性昆虫族のレベル4モンスターです。

漫画遊戯王Rにおいてメンド・シーノが城之内克也戦で使用し

直接攻撃を決めつつデスサイズ・キラーのリリース要員となりました。

作中では特に効果を使用された描写はありませんが

OCGに伴い効果が追加されています。

 

二足歩行で立ち、肩に当たる部分に大きな鎌を持つ青紫のカマキリです。

中央の足が手を合わせているように見えるのが印象的です。

 

スポンサーリンク

 

スタンバイフェイズにトークン精製、墓地から除外してもトークン精製

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分スタンバイフェイズに発動できる。自分フィールドに
「ベビーカマキリトークン」(昆虫族・風・星1・攻/守500)1体を特殊召喚する。

①の効果は自分スタンバイフェイズに1度、トークンを精製するというものです。

特に制約のないトークンを精製できますが発動タイミングの関係で

そのまま出した場合、相手ターンを凌ぐ必要があります。

相手エンドフェイズなどになんらかの手段で蘇生してしまうのが発動を狙いやすいでしょう。

 

②:1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時、
自分の魔法&罠ゾーンのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。

②の効果は1ターンに1度、相手が攻撃宣言をしてきた時に

自分の魔法罠ゾーンのカード1枚を墓地へ送る事でそのモンスターを手札に戻すというものです。

昆虫族はインゼクターやジャイアント・メサイアやなどモンスターを装備カードにする手段が豊富であり

これらをコストとして活用しやすいです。

相手にバレバレなのであくまで牽制目的の効果となりますが

それでも相手の攻撃を制限できますしこのカードが生き残る事ができれば①の効果にも繋げられます。

 

なお墓地へ送れるのは魔法罠ゾーンのカードに限定されており

フィールド魔法は墓地へ送れない点に注意です。

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドに「ベビーカマキリトークン」1体を特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事でトークンを精製できるというものです。

こちらも①の効果のトークン同様に何の制約もなく様々な素材へと利用可能です。

共振虫などのこのカードを墓地へ送る手段がそのままトークンを生成する手段となります。

 

 

特に③の効果がシンプルに優秀であり

このカードをリンク素材にして墓地へ送った後にトークンを生成すれば

そのまま連続リンクへと繋げられます。

③の効果を主軸にしつつ①や②の効果も狙えれば狙っていく形が良いでしょう。

①の効果も発動できればこのカード1枚でLINK-3まで繋げらる事が可能であり

精製するトークンも全て昆虫族なので

騎甲虫アームド・ホーンや大騎甲虫インヴィンシブル・アトラスのリンク素材として活用しやすいです。

フリーチェーンの蘇生カードを用意していれば①の効果も発動しやすく

特に強化蘇生はこのカードを蘇生しつつ②の効果のコストも用意できます。

 

 

トークンを精製しつつ除外ゾーンの昆虫族を増やせるので

そういう意味でのビートルーパーと相性いいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました