PR
スポンサーリンク

《ダブルツイン・ドラゴン》遊戯王ラッシュデュエル考察 ドラゴン族デッキ待望のダブルコストモンスター!

スポンサーリンク

今回紹介するのはオーバーラッシュパックよりこのカードです。

 

 

カード説明

ダブルツイン・ドラゴン
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1200/守 600
【条件】自分の墓地のモンスター3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】このターン、モンスター(レベル7/ドラゴン族)を攻撃表示でアドバンス召喚する場合、
表側表示のこのカードは2体分のリリースにできる。
このターン、自分はモンスター(ハイドラゴン族またはドラゴン族)でしか攻撃できない。

wiki

 

光属性ドラゴン族のレベル4モンスターです。

 

赤いワイバーン型のドラゴンと青いリザードマン型のドラゴンのコンビです。

どちらのドラゴンも首が2つついており双頭竜がダブルになったドラゴンです。

リザードマン型の方は武器も二刀流なあたり拘っていますね。

ワイバーン型の方はリザードマン型の方に尻尾を巻き付けてますが

相棒を持ち上げたまま飛行とかできそうですね。

 

スポンサーリンク

 

墓地のモンスター3体コストにしてダブルコスト効果

【条件】自分の墓地のモンスター3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】このターン、モンスター(レベル7/ドラゴン族)を攻撃表示でアドバンス召喚する場合、
表側表示のこのカードは2体分のリリースにできる。
このターン、自分はモンスター(ハイドラゴン族またはドラゴン族)でしか攻撃できない。

その効果は1ターンに1度、墓地から3体をデッキに戻す事で

レベル7のドラゴン族をアドバンス召喚する場合に2体分のリリースになれるというものです。

いわゆるダブルコスト効果でありアドバンス召喚の消耗を減らすのに貢献してくれます。

発動したターンはドラゴン族かハイドラゴン族でしか攻撃できなくなるので

ドラゴン族デッキでの活用が基本となるでしょう。

 

アドバンス召喚出来るレベル7に限定されておりレベル8のアドバンス召喚には使えません、

とはいえレベル7のドラゴン族は連撃竜ドラギアスをはじめ

エンシェント・アライズ・ドラゴンや碧牙の爆速竜など層が厚く大きな問題にはならないでしょう。

レベル8のドラゴン族が少なすぎるとも言います。

 

あとの問題はモンスターを3体デッキに戻す必要があると

墓地コストがそこそこ重めな点ですね。

真紅動の撃速竜など墓地のモンスターを多数要求するカードとの併用は難しいでしょう。

幸いな事にドラゴン族には上記3枚のレベル7モンスターもそうですが

コストとしてデッキトップのカードを墓地へ送って発動するカードが多くあります。

これらのカードを積極的に採用していれば墓地コストの確保もしやすいでしょう。

墓地コストさえ確保できれば多くのドラゴン族デッキにおいて頼りになるリリース要員です。

特に超撃龍ドラギアスターFのように

最上級モンスターを素材にしたフュージョンモンスターを出したい場合には

このカードには何かとお世話になるでしょう。

 

丁度ジャスティス・ドラゴンからコストを重くして制約をつけた代わりに

下級モンスターにしたような性能となっています。

総合的にはこちらの方がずっと使いやすいでしょう。

コメント