《神羊樹バロメット》遊戯王OCGカード考察 墓地の罠カードがアドバンテージになる汎用ランク4エクシーズ!

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。

今回紹介するのはその付属として収録されるこのカードです。

 

 

カード説明

神羊樹バロメット(しんようじゅバロメット)
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/植物族/攻1900/守2000
レベル4モンスター×2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
②:通常罠カードが発動した場合に発動できる。
自分フィールドのX素材を1つ取り除き、手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。

wiki

 

地属性植物族のランク4エクシーズモンスターです。

 

草の上に花が咲くように蝙蝠の翼を頭に生やした羊が眠るように佇んでいます。

 

モチーフは「バロメッツ」+「バフォメット」からでしょう。

バロメッツとは中世ヨーロッパに伝説に登場する羊の入った実がなると言われる植物です。

植物から採取できる木綿が羊毛と勘違いされた結果、

羊を生やす植物が存在するという伝承が広まったとされています。

 

バフォメットは西方キリスト教に伝わるヤギの頭を持った悪魔の事です。

 

スポンサーリンク

 

通常罠をデッキに戻してドロー

レベル4モンスター×2体以上

エクシーズ素材に指定はなく

レベル4モンスターを2体揃える事でエクシーズ召喚が可能です。

植物族なのでキノの蟲惑魔や六花のひとひらなどで制約が発生した場合でも

エクシーズ召喚が狙えます。

 

また3体以上の素材でエクシーズ召喚する事も可能です。

②の効果を自分、相手ターンそれぞれで発動したい場合などには

3体でエクシーズ召喚してもいいでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

①の効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ取り除く事で

墓地の通常罠1枚をデッキに戻して1枚ドローできるというものです。

言うなれば通常罠を墓地コストに利用したドロー効果ですね。

とにかく何かしら墓地に通常罠があればOKなので発動がとても狙いやすく、

またデッキに戻すのとドローするのが同時なので無効化された場合には墓地が無駄になりません。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:通常罠カードが発動した場合に発動できる。
自分フィールドのX素材を1つ取り除き、手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、通常罠が発動した場合に

自分の場のオーバーレイユニットを1つ取り除く事で

手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚できるというものです。

基本的には相手ターンに発動する事が多くなりますが

タイフーンなどを用いる事で自分ターンでの発動も積極的に狙えます。

実質的にフリーチェーンでレベル4の特殊召喚が可能であり

アルバスの落胤あたりを特殊召喚する事でフリーチェーンの妨害として活用できます。

単純に展開力の補強手段として用いてもいいでしょう。

 

 

通常罠に関連した効果を持つ植物族のランク4エクシーズという事で

蟲惑魔とのシナジーを意識したと思われるカードです。

前述の通りキノの蟲惑魔で制約が発生した場合でもエクシーズ召喚が可能であり

フレシアの蟲惑魔などで墓地へ送った通常罠をデッキに戻して再利用が可能となります。

 

エクシーズ素材に指定はなくとりあえず通常罠さえ活用するのであれば

他のランク4デッキでも問題なく活用可能です。

【アメイズメント】あたりは通常罠を積極的に活用しますし

A・∀・HHあたりはとにかく多用するのでデッキから枯渇しやすく

墓地からデッキに戻すのにも意義が生まれてきます。

 

とにかく②の効果が使いやすく

何かしら通常罠を使うランク4デッキであれば

EXデッキに1枚忍ばせてもいい汎用性の高さです。

墓地の通常罠を減らせる点は

狡猾な落とし穴を使う場合などにはメリットにもなります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました