PR
スポンサーリンク

《天地晦冥(てんちかいめい)》遊戯王OCGカード考察 継続的にアドバンテージを獲得できる上に除去もされにくい!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPHOTON HYPERNOVA(フォトン・ハイパーノヴァ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

天地晦冥(てんちかいめい)
フィールド魔法
このカード名はルール上「忍法」カードとしても扱う。
①:自分の「忍者」モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:フィールドゾーンの表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、
墓地へ送られた場合または除外された場合、
自分の墓地の「忍者」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

wiki

 

【忍者】用のフィールド魔法です。

 

戎の忍者-冥禪が暗がりの中、陣の中央で構えています。

恐らく何らかの儀式を行っているのでしょう。

静かながらも迫力のある佇まいですね。

 

スポンサーリンク

 

忍者が直接攻撃すれば除去効果発動

このカード名はルール上「忍法」カードとしても扱う。

まずルール上忍法として扱う効果外テキストがあります。

これにより忍者マスター HANZOなどでサーチしたり

忍者マスター SAIZOでフィールドに直接セットしたりできます。

 

①:自分の「忍者」モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

①の効果は忍者が相手に戦闘ダメージを与えた時に

相手のカード1枚を破壊できるというものです。

特に忍者に直接攻撃を付与できる戎の忍者-冥禪と相性がよく

1ターンに1度の制約もないので直接攻撃する度に除去効果を発動できます。

2回攻撃ができる機甲忍者ブレード・ハートも相手の打点を上回れるのであれば効果的です。

戦闘ダメージを与える事が条件なので

忍者は積極的に裏側守備表示でモンスターを出すので

場合によっては相手がそれらを攻撃し反射ダメージで効果発動出来るケースもあるでしょう。

 

②:フィールドゾーンの表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、
墓地へ送られた場合または除外された場合、
自分の墓地の「忍者」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

②の効果は表側で存在するこのカードが相手の効果によって墓地へ送られるか除外された場合に

墓地の忍者を1種類ずつ、好きなだけ裏側守備表示で特殊召喚できる蘇生効果です。

相手に依存するものの墓地次第で大量蘇生が狙える強烈な効果であり

相手にこのカードを安易に除去させる事を許しません。

この手の地雷効果としては破壊だけでなく墓地送りや除外もトリガーになっている点も

より相手がこのカードに手出ししにくくさせる点に貢献しています。

忍者にはリバース時に効果を発動出来るモンスターも数多く存在しているので

裏側守備表示で蘇生させる対象にも困る事は少ないでしょう。

 

 

総じて場に維持できれば継続的に相手のカードを除去する事が狙え

かつ②の地雷効果によって除去もされにくいという実にいやらしいカードです。

前述した通り特に戎の忍者-冥禪と相性がいいので

あちらを積極的に出す忍者デッキであれば是非一緒に採用したい所です。

 

同じく忍者用のフィールド魔法には

隠れ里-忍法修練の地が存在します。

あちらはサーチという形で継続的なアドバンテージを確保できるので

サーチと除去、どちらを重要視したいか等で使い分けるといいでしょう。

勿論両方デッキに採用する選択肢もあります。

コメント