PR
スポンサーリンク

《カオス・ミラージュ・ドラゴン》遊戯王OCGカード考察 1枚でシンクロできるし除去もできる万能チューナー!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPHOTON HYPERNOVA(フォトン・ハイパーノヴァ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

カオス・ミラージュ・ドラゴン
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/幻竜族/攻1600/守 600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:除外されている自分または相手の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は光・闇属性のSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
そのS召喚の素材としたこのカード以外のモンスターの数まで
相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを除外する。

wiki

 

ミラージュ・ドラゴンがカオス化した光属性幻竜族のレベル4チューナーです。

元がドラゴン族だったのが幻竜族になておりさらにチューナー化されています。

 

ビフォー

 

 

元のミラージュドラゴンは金色を主体としていましたが

こちらは金と銀の2色が主体になっています。

まるで鎧のような鱗になっており迫力が随分と増していますね。

また毛の色が薄い青から紫色になっています。

 

スポンサーリンク

 

除外されている相手モンスターのカードを

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:除外されている自分または相手の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

お互いの除外ゾーンに存在している光属性か闇属性1体を

その効果を無効にして自分の場に特殊召喚するというものです。

このカードはチューナーなので特殊召喚したモンスターと一緒に

そのままシンクロ召喚へ繋げていく事が可能です。

 

ちなみに相手の除外ゾーンにあるカードも特殊召喚する事が可能です。

後攻1ターン目など自分の除外ゾーンにカードがない場合であっても

相手が除外した光属性や闇属性が都合よく存在している可能性もあるので

意識しておくといいでしょう。

 

この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は光・闇属性のSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

デメリットとして発動したターンの間は

光属性か闇属性のシンクロしかエクストラデッキから特殊召喚できなくなります。

エクシーズやリンク召喚に悪用せずに素直にシンクロ召喚しろって事ですね。

光属性と闇属性のシンクロモンスターは豊富に存在しているので

シンクロ召喚先に困るという事はあまりないでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
そのS召喚の素材としたこのカード以外のモンスターの数まで
相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを除外する。

②の効果は1ターンに1度、シンクロ素材として墓地へ送られた場合に

自身以外のシンクロ素材となったモンスターの数まで

相手のカードを除外するというものです。

①の効果から自然にこの効果に繋げる事が可能であり少なくとも1体の除外は可能です。

他にモンスターを並べる手段があれば複数体の除外も狙っていけるでしょう。

ちなみにチューナー以外に複数体の素材を指定する闇属性や光属性シンクロには

カオス・ゴッデス-混沌の女神-や魔王超龍 ベエルゼウスが該当します。

 

 

除外ゾーンからの特殊召喚による実質的な1枚からのシンクロ召喚を可能とし

さらに②の効果で除去のおまけまでついてくるというハイスペックなカードです。

【カオス】は勿論他の闇属性や光属性メインのデッキであっても

墓地アドバンテージを回復しつつシンクロ召喚と除去を狙えるのはとても優秀です。

2属性のシンクロしか出せなくなる縛りを許容できるのであれば

採用する価値は十分にあるでしょう。

 

ドラゴン族から幻竜族に代わっているのは

ドラゴン族だと悪用され過ぎるという判断からなのかもしれません。

とはいえ幻竜族ならそれはそれで輝竜星-ショウフクのシンクロ召喚に繋げやすかったりと

やはり強力なカードなのは間違いありません。

 

ラッシュデュエルでもレジェンドカードになって登場したりと

何かやたらプッシュされてますねミラージュドラゴン。

元々そんな特別なカードでもなかったはずなんですが。

コメント