《補強要員》遊戯王OCGカード考察 2回使える手札交換カード!打ち出の小槌あたりとはどう使い分ける?

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2022よりこのカードです。

 

 

カード説明

補強要員/Backup Team
通常罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:相手フィールドのカードの数だけ自分はデッキからドローする。
その後、ドローした数だけ自分の手札を選んで好きな順番でデッキの下に戻す。
②:このカードが墓地に存在し、
相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、
エンドフェイズに発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

wiki

 

汎用の通常罠です。

イカツイ風貌をしたウルトラアスリート3名が会見しています。

真ん中のウルトラアスリートはやや不機嫌そうなガラの悪い表情をしていますが

会見とかいいからとっとと試合に参戦させろとか思ってるのかもしれませんね。

英語名の「Backup Team」は控え選手、交代選手といった意味であり

恐らくは怪我などをしたメンバーと交代する形でチームに参戦してりるのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

相手フィールドの数だけ手札交換

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:相手フィールドのカードの数だけ自分はデッキからドローする。
その後、ドローした数だけ自分の手札を選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

①の効果は1ターンに1度、相手の場のカードの数だけドローして

ドローした枚数分だけ手札をデッキに戻すという手札交換効果です。

手札交換できる枚数は相手の場の状況に依存する事になりますが

モンスターと魔法罠どちらも参照するので3、4枚ほどの手札交換は充分狙っていけるでしょう。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが墓地に存在し、
相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、
エンドフェイズに発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

②の効果は「相手フィールドのカード数>自分フィールドのカード数」の場合に

エンドフェイズ時に1度、墓地からフィールドにセットできるというものです。

フィールドから離れると除外されるので1度限りとなりますが

このカードの再利用が可能でありこちらも相手に依存する形になりますが

相手ターンのエンドフェイズであれば発動を満たせる機会は多いでしょう。

 

なお①の効果とはどちらか片方しか発動できません。

①の効果を発動してすぐさまセットという事はできませんが

元々発動がエンドフェイズなのでそれ以外ではあまり支障にはならないでしょう。

 

 

手札交換カードの代名詞的な存在である打ち出の小槌と比較した場合、

罠カード故にすぐさま発動できないというのは痛いものの、

「ドローした後にデッキを戻す」というのが大きなポイントです。

これにより手札に残したいカードを温存しやすく発動前より状況が悪化するという心配もないので

より気兼ねなく発動が狙えるでしょう。

勿論、②の効果で2回発動が狙えるのも美味しいポイントです。

一度セットしてから発動するというタイムラグを苦にしないのではれば

こちらの方が使い勝手としては優れているでしょう。

 

 

手札交換カードとして見る場合、ラビュリンスで使うなど

通常罠である事の利点を生かす方向もありだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました