《エピュアリィ・ハピネス》遊戯王OCGカード考察 攻撃する度にサーチ効果を発動できるしアタッカーとしても優秀

今回紹介するのはデッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズよりこのカードです。

 

 

カード説明

エピュアリィ・ハピネス
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/光属性/天使族/攻2000/守 100
レベル2モンスター×2
①:このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。
デッキから「ピュアリィ」カード1枚を手札に加える。
このカードが「ピュアリィ・ハッピーメモリー」をX素材としている場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を選んで攻撃力を半分にできる。
②:自分が「ピュアリィ」速攻魔法カードを発動した時に発動できる。
フィールドのそのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す事ができる。
この効果は1ターンに3度まで使用できる。

wiki

 

【ピュアリィ】に属する光属性天使族のランク2エクシーズモンスターです。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

他の形態とは色合いがあまり変わっておらず普通に成長した感じになっています。

まさに正統進化といった感じですね。

 

対応する速攻魔法はピュアリィ・ハッピーメモリーです。

たくさん遊んだ楽しい思い出によってこの姿へと進化するのでしょう。

効果の方もじつにわんぱくさを感じ取れるものになっています。

 

スポンサーリンク

 

攻撃すればサーチ、思い出があればさらに相手モンスターを弱体化

レベル2モンスター×2

エクシーズ素材に制限はなく

レベル2モンスターを2体揃える事でエクシーズ召喚が可能です。

が、【ピュアリィ】においては普通にエクシーズ召喚する事はあまりなく

ピュアリィ本体の効果によってハッピーメモリーと共に重ねて特殊召喚するのが基本となります。

 

①:このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。
デッキから「ピュアリィ」カード1枚を手札に加える。
このカードが「ピュアリィ・ハッピーメモリー」をX素材としている場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を選んで攻撃力を半分にできる。

①の効果は戦闘したダメージステップ終了時に

デッキからピュアリィ1枚を手札に加えるサーチ効果です。

戦闘を介す必要こそあるもののテーマカード全般をサーチ可能であり

ピュアリィ本体をサーチして次のターンに備える事もできますし

各種速攻魔法をサーチすれば即座にそれを発動する事も可能です。

 

またハッピーメモリーをオーバーレイユニットにしていれば

相手モンスター1体の攻撃力を半分にする事も可能です。

ピュアリィ・ハッピーメモリーは連続攻撃を付与する効果もあり

弱体化したモンスターに続けざまに攻撃が可能となります。

このカードの元々の攻撃力が2000あるので4000打点まで戦闘破壊が狙えます。

 

ちなみに相手に攻撃された場合でも効果は発動します。

相手の攻撃に合わせてピュアリィ・デリシャスメモリーで戦闘破壊耐性を付与して

この効果に繋げる、なんて芸当も可能です。

 

 

②:自分が「ピュアリィ」速攻魔法カードを発動した時に発動できる。
フィールドのそのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す事ができる。
この効果は1ターンに3度まで使用できる。

②の効果は1ターンに3度、ピュアリィ速攻魔法を発動した時に

それ自身のオーバーレイユニットにしたのちに相手の魔法罠を選んで手札に戻すバウンス効果です。

直接的なアドバンテージに繋がる効果でこそないものの対象に取らないバウンスであり

相手に伏せカードの発動を強制させやすくなっています。

相手の魔法罠をどかす事ができれば攻撃を通して①の効果を発動するという事も

狙いやすくなるでしょう。

 

 

ランク2の各種エピュアリィの中でも高めの攻撃力を持っており

戦闘向けの形態となっています。

ハッピーメモリーによって連続攻撃を付与する事が前提となった性能になっており

弱体化させたモンスターをそのまま攻撃可能になる上に

①の効果には1ターンに1度の制限がなく攻撃する度にサーチ効果を発動できます。

そのままでも4000打点まで対応が可能となりますが

同時にピュアリィ・デリシャスメモリーをオーバイレイユニットにする事で

打点が強化、さらに高攻撃力の敵も戦闘破壊が狙えるようになります。

 

①の効果でハッピーメモリーをサーチしてそのまま発動する事で

そのハッピーメモリーをX素材にできるのでさらにもう1回攻撃できます。

覚えておくと何かと役立つでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました