PR
スポンサーリンク

《絶対なる捕食(エイペックス・プレデション)》遊戯王マスターデュエルカード考察 制約とどう向き合っていくか

スポンサーリンク

8月9日に遊戯王マスターデュエルにおいて

新たなセレクションパック「インヴィンシブル・レイド」が登場しました。

今回紹介するのはそれに収録されたOCGより先駆けて実装された海外先攻カードです。

 

 

カード説明

絶対なる捕食(エイペックス・プレデション)/Apex Predation
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:通常召喚されたモンスターが自分フィールドに存在する場合に発動できる。
フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分は通常召喚できない。

wiki

 

汎用の通常罠です。

 

インヴェルズ・グレスが右手から赤い稲妻を無数に走らせています。

インヴェルズの異名の1つに「絶対捕食者」というものがあり

このカードはインヴェルズ・グレスの強大さを誇示しているのでしょう。

インヴェルズ・グレスは全体除去効果を持っている事もあり

このカードもそのインヴェルズ・グレスの効果を意識しているものと思われます。

 

スポンサーリンク

 

通常召喚されたモンスターがいる場合に特殊召喚したモンスター全て破壊

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:通常召喚されたモンスターが自分フィールドに存在する場合に発動できる。
フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
その効果は1ターンに1度、通常召喚されているモンスターが自分の場にいる場合に
フィールドの特殊召喚されたモンスター全てを破壊するというものです。
フリーチェーンの除去としてはほぼ全体除去といっていい豪快なものであり
特殊召喚されていないモンスターこそ破壊できませんが
逆に自分の通常召喚されたモンスターは場に残す事が可能です。
発動条件もとりあえず何かしらモンスターを通常召喚すればいいという緩いものです。
ただセットして次のターンの発動を狙うのであればその通常召喚したモンスターを場に残す必要があるので
召喚したモンスターを各種素材に利用したいデッキですと不便な条件と言えます。
アドバンス召喚などで出した大型モンスターや何かしらのロック効果を持ったモンスターなど
できるだけ場に残したいモンスターを発動トリガーにする方がよいでしょう。
このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分は通常召喚できない。

ただデメリットとして発動した後は

次の自分ターン終了時まで通常召喚が行えなくなってしまいます。

特にアドバンス召喚を軸にするデッキにとってはかなりきつい制約であり

次の自分ターンの展開は難しくなります。

場に出ている通常召喚したモンスターを維持するなど

できるだけ次のターンの展開をしなくても大丈夫な状況を作っていきたい所です。

 

 

効果自体はかなり有用な代物ですがデメリットとどう向き合うかが課題のカードといった所です。

この手の全体除去としてはシンプルに使いやすい激流葬がありますが

あちらと違い、アドバンス召喚したモンスターなどを場に残す事ができる点、

発動タイミングが自由なのでハーピィの羽根帚などの除去に対してチェーンができる点、

相手が既に展開をし終えた後でも後出しでセットしての発動で全体除去が出来る点など

激流葬にはない利点もしっかりあります。

 

また通常召喚が出来なくなる制約ですが

自分ターンでの発動であれば通常召喚を行った後に発動する事でほとんど支障がなくなります。

基本的に自分ターンでの発動を狙いつつ、

相手に除去されそうになったらデメリット覚悟で相手ターンに発動する、

といった運用方法も考えられます。

 

 

ちゃんとした形でのインヴェルズ新規もください。

コメント