PR
スポンサーリンク

《竜剣士マジェスティP(ペガサス)》遊戯王OCGカード考察 スケールセットするだけでサーチしていいってさ

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

竜剣士マジェスティP(りゅうけんしマジェスティペガサス)
ペンデュラム・効果モンスター
星4/風属性/魔法使い族/攻1500/守1500
【Pスケール:青2/赤2】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「竜剣士」カードまたは
「マジェスペクター」カードが存在する場合に発動できる。
そのカードとは元々のカード名が異なる「竜剣士」Pモンスター1体をデッキから手札に加える。
その後、自分のPゾーンのカード1枚を選んで破壊できる。
【モンスター効果】
このカード名はルール上「マジェスペクター」カードとしても扱う。
このカード名の②のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、自分フィールドの「竜剣士」モンスターは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがP召喚または「竜剣士」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んで捨てる。

wiki

 

ビフォー

 

 

アフター

 

人形だった元の姿からケンタウロス型へと変貌しています。

龍の翼とは別に鳥の翼も生やしており

ケンタウロスとペガサスをミックスさせたような姿となっています。

また竜剣士というだけあって杖を持っていたマジェスティPと違い

こちらは剣を持っておりまさに剣士風ですね。

 

スポンサーリンク

 

竜剣士やマジェスペクターと一緒にセットすればサーチ効果

このカード名はルール上「マジェスペクター」カードとしても扱う。

まずマジェスペクターと名の付くカードとして扱う効果外テキストが存在します。

これによりマジェスティックPによる特殊召喚や強化、

マジェスペクター・ラクーンによるサーチなどに対応します。

 

【Pスケール:青2/赤2】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「竜剣士」カードまたは
「マジェスペクター」カードが存在する場合に発動できる。
そのカードとは元々のカード名が異なる「竜剣士」Pモンスター1体をデッキから手札に加える。
その後、自分のPゾーンのカード1枚を選んで破壊できる。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

もう片方のペンデュラムゾーンに竜剣士かマジェスペクターがいる場合に

それとは別の竜剣士ペンデュラム1体をデッキから手札に加えた後に

自分のペンデュラムゾーンから1枚破壊できるというものです。

後半の破壊効果は任意であり破壊したくない場合はただサーチだけするという事も可能です。

竜剣士イグニスPが破壊される事で効果を発動出来るので

あちらを破壊する事でEXデッキを肥やしつつ別の竜剣士の展開に繋げられます。

 

①:このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、自分フィールドの「竜剣士」モンスターは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

モンスター効果の①は自身を手札から捨てる事で

自分の場の竜剣士モンスターに相手の効果による対象耐性と破壊耐性を付与できるというものです。

マジェスペクターが共通で持つ耐性を竜剣士にも分け与えている感じですね。

フリーチェーンで発動する事が可能であり竜剣士の場持ち性能を飛躍的に高められます。

ペンデュラムゾーンの竜剣士は守れないのと

対象に取る効果から守りたい場合には

対象に取られる前に発動する必要がある点には注意しましょう。

 

 

このカード名の②のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードがP召喚または「竜剣士」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んで捨てる。

②の効果は1ターンに1度、

自身がペンデュラム召喚か竜剣士の効果で特殊召喚した場合に

デッキからフィールド魔法1枚を手札に加えた後に手札1枚を捨てる手札交換効果です。

各種EXデッキの竜剣士や竜剣士イグニスPの効果特殊召喚する事でトリガーとなり

ペンデュラム召喚でもいいので発動機会は多いでしょう。

フィールド魔法全般をサーチできるという相当に便利な効果であり

【竜剣士】ではイグニッションPやマジェスティックPあたりがサーチ候補となるでしょうか。

またペンデュラムを手札から墓地へ送る手段としても活用可能であり

剛竜剣士ダイナスターPの蘇生対象を確保しやすくなります。

 

 

とにかくペンデュラム効果が優秀です。

単純に他の竜剣士やマジェスペクターと一緒にスケールセットするだけで1枚サーチが出来るので

除去されない限り継続的にアドバンテージを増やしていく事が可能です。

それでいていざとなれば張替えも出来るので

とにかく色々とペンデュラム召喚において融通が効くカードとなっています。

【竜剣士】は勿論、【マジェスペクター】でも2枚目以降のこのカードをサーチできるので

リリース要員の確保としても何かとお世話になるでしょう。

 

 

マジェスペクターは10期に入ってから動きが難しくなったデッキですが

このカードが1つの救済になればいいですね。

コメント