PR
スポンサーリンク

《精霊冥騎-急還馬(しょうろうめいき きゅうかんぱ)》遊戯王OCGカード考察 遊戯王世界ではバトルフェイズはお盆!

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

精霊冥騎-急還馬(しょうろうめいき きゅうかんぱ)
効果モンスター
星8/闇属性/植物族/攻 100/守2000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:バトルフェイズ以外では、モンスターゾーンのこのカードは墓地へ送られる。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分・相手のバトルフェイズ開始時に、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、自分または相手の墓地からモンスター1体を選んで自分フィールドに特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てバトルフェイズ終了時に墓地へ送られる。

wiki

 

闇属性植物族のレベル8モンスターです。

 

オーラを纏いながら颯爽と走るキュウリで作られた馬です。

モチーフはずばりお盆のお供え物で作られる精霊馬(しょうりょうま)でしょう。

お盆に戻ってくるご先祖様の乗物として作られるキュウリとナスで作られる人形で

戻ってくる時は早く来て欲しいとキュウリで作られた馬を用意し

冥界に帰る時はゆっくり帰って欲しいとナスで作られた牛を用意します。

急還馬も「キューカンパー」を意識しつつ「急いで還る馬」と

ちゃんと精霊馬としての役割にちなんだ漢字をつけられておりとても秀逸なネーミングです。

こういうカードは海外版での名前が気になりますね。

 

バトルフェイズ中だけもう1体と共に墓地から蘇ってくる

①:バトルフェイズ以外では、モンスターゾーンのこのカードは墓地へ送られる。

①の効果はバトルフェイズ以外では墓地へ送られてしまうデメリットです。

バトルフェイズをお盆に見立てておりお盆が過ぎるとあの世へ帰ってしまうのでしょう。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分・相手のバトルフェイズ開始時に、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、自分または相手の墓地からモンスター1体を選んで自分フィールドに特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てバトルフェイズ終了時に墓地へ送られる。

②の効果はお互いのバトルフェイズ開始時に1度、

手札か自分の場の植物族1体を墓地へ送る事で

墓地からこのカードを特殊召喚しつつさらにお互いの墓地から

モンスター1体を自分の場に特殊召喚できるというものです。

コスト1体で2体のモンスターを同時に蘇生蘇生可能ですが

どちらもバトルフェイズが終了すると共に墓地へ帰ってしまうので

有効活用するのであればバトルフェイズ中に素材にしてしまうか

もしくは最初から特殊召喚された場合や墓地へ送られた場合に

効果を発動出来るモンスターを蘇生する必要があります。

 

手札コストとしてはバラガールが墓地から手札に回収できる効果を持っているので

植物族デッキであれば使いやすいです。

 

 

フリーチェーンで融合召喚やシンクロ召喚できるカードと組み合わせて

バトルフェイズをお盆に見立ててその間だけ墓地から現世にやってきて

バトルフェイズが過ぎればまた墓地へ戻っていくというお盆を見事に体現したカードです。

フリーチェーンでシンクロ召喚やリンク召喚する手段と組み合わせる事で

手札コストさえあればお互いのバトルフェイズごとにそれを行える強力なカードと化します。

特に相性がいいと思われるのはパラサイト・フュージョナーで

一緒に蘇生する事でそのままあちらの効果で2体を素材に融合召喚を行えます。

パラサイト・フュージョナーと共に融合召喚出来るカードとしては

神炎竜ルベリオンや暗黒界の龍神王 グラファ、召喚獣カリギュラなどが該当します。

 

 

このカードを墓地へ送る手段としてはステイセイラ・ロマリンなどがあります。

レベル8なので手札に来た場合はトレード・インのコストにしてしまう手もあります。

 

 

ドロー、スタンバイ、メイン、バトル、メイン2、エンドと

各フェイズを1月から12月までに見立てた場合、

丁度バトルフェイズが7月と8月になるという解釈は

秀逸だと感じました。

コメント

  1. 匿名 より:

    フォーミュラ・シンクロンはメインフェイズ限定なので、蘇生させても効果は使えないのでは?