《星逢の天河(ほしあいのてんが)》遊戯王OCGカード考察 新機軸のフリーチェーン儀式手段! エスプリットと相性抜群!

今回紹介するのはDARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

星逢の天河(ほしあいのてんが)
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なり、
レベルが同じ儀式モンスター1体をデッキから手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、手札から儀式魔法カード1枚を墓地へ送って発動出来る。
この効果は、その儀式魔法カード発動時の儀式召喚する効果と同じになる。

wiki

 

儀式召喚用のサポートとなる通常罠です。

 

霊魂鳥神-彦孔雀と霊魂鳥神-姫孔雀が手を取り合おうとしています。

中央の青い孔雀の尻尾が天の川のように表現されており

織姫と彦星が離れ離れになる様子を上手く表現しています。

 

カード名の星逢も七夕を意味する季語であり七夕を強く意識したカードとなっています。

 

スポンサーリンク

 

手札だから儀式魔法を捨ててフリーチェーンで儀式召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なり、
レベルが同じ儀式モンスター1体をデッキから手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、手札から儀式モンスター1体を見せる事で

それとは別のレベルが同じ儀式モンスターをデッキから手札に加えるサーチ効果です。

例えば聖占術姫タロットレイを見せて冥占術姫タロットレイスがサーチ可能であり

同じレベルの複数の儀式モンスターを採用しているデッキの活用が前提となります。

基本的に3種類以上の同じレベルの儀式モンスターを採用しているデッキは

せいぜい【メガリス】ぐらいで大抵の場合は2種類あるどちらか片方といった感じになりますが

それでも儀式モンスターはサーチ手段が豊富にあるので

発動条件を満たす事自体は難しくないでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、手札から儀式魔法カード1枚を墓地へ送って発動出来る。
この効果は、その儀式魔法カード発動時の儀式召喚する効果と同じになる。

②の効果は1ターンに1度、墓地からこのカードを除外し手札から儀式魔法を墓地へ送る事で

その墓地へ送った儀式魔法の儀式召喚効果をコピーできるというものです。

対応する儀式魔法が手札にあれば①の効果で儀式モンスターをサーチした後に

そのまま同じターンでこちらの効果も発動できます。

緊急儀式術やリターン・オブ・ザ・ワールドと同じように

フリーチェーンで儀式召喚する手段の1つとして機能します。

 

 

概ね緊急儀式術の亜種という感じであちらと同じく

相手ターンに儀式召喚したい儀式モンスターを活用する場合に活きてくるカードです。

あちらと違い発動には手札の儀式魔法をコストにする必要がありますが

①の効果で儀式モンスターのサーチが出来るので手札消費的には変わりありません。

墓地から儀式魔法を除外する必要がないという点も

例えば魔神儀-ブックストーンで儀式魔法を回収したいという場合にはありがたいえす。

 

イラスト通りにレベル8の儀式モンスターが2種類存在しており

かつ相手ターンで儀式召喚するメリットの大きい【エスプリット】と大きなシナジーを発揮します。

それ以外でもの魔王ガーランドルフやサイバー・エンジェル-荼吉尼-は

儀式召喚時に除去効果を発動できますし同じレベルの儀式モンスターも採用しやすいので

【ルインデミス】や【サイバー・エンジェル】に組み込んでみるのもいいでしょう。

 

 

久々にエスプリット強化に繋がりそうなカードが来て興奮してます。

相手ターンに儀式召喚する手段はいくらでも欲しいですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました