PR
スポンサーリンク

《械貶する肆世壊(ディクライン・スケアクロー)》遊戯王OCGカード考察 ライフォビア再利用できる上に豪華なおまけも!

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

械貶する肆世壊(ディクライン・スケアクロー)
通常魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のフィールド・墓地の「肆世壊=ライフォビア」1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合、
さらに相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にできる。
②:フィールドに守備表示モンスターが3体以上存在する場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地から「スケアクロー」カード1枚を選んで手札に加える。

wiki

 

【スケアクロー】用のサポートとなる通常魔法です。

 

クシャトリラ・シャングリラから攻撃が雨のように降り注いでおり

それをヴィサス=スタフロストが剣で必死にガードしています。

よく見るとクシャトリラ・シャングリラの横に2つの光が向かっています。

ヴィサスが攻撃を引き受けている間に

ライトハートとルルカロスあたりが攻める作戦だったりするのでしょうか。

 

「ディクライン」とは謝絶や拒絶を意味する言葉です。

クシャトリラが肆世壊=ライフォビアをテラフォーミング化するのを

抗っている的なニュアンスなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

フィールドや墓地のライフォビアを再利用

①:自分のフィールド・墓地の「肆世壊=ライフォビア」1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

①の効果はフィールドにある肆世壊=ライフォビアを手札に戻すというものです。

ライフォビアはサーチや除去、相手の弱体化など様々な役割をこなすフィールド魔法であり

これを再利用できる価値は大きいです。

フィールドからも手札に戻す事が可能でありそれだけでもサーチの再利用に繋げられます。

 

自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合、
さらに相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にできる。

また自分の場にヴィサス=スタフロストがいれば

相手の表側モンスターを裏側守備表示にする事ができる豪華なおまけがついてきます。

対象を取らない効果であり厄介な耐性持ちを裏側守備表示にする事で

効果による除去を狙えるようになります。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドに守備表示モンスターが3体以上存在する場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地から「スケアクロー」カード1枚を選んで手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、場に守備表示モンスターが3体以上いる場合に

墓地から除外する事で墓地のスケアクロー1枚を手札に加えるというものです。

肆世壊=ライフォビアと同じ発動条件であり多くのモンスターが守備表示で存在している必要がありますが

【スケアクロー】は守備表示で積極的にモンスターを並べていくテーマですし

スケアクロー・トライヒハートで相手モンスターを守備表示にしていく事も含めれば

発動できる機会は結構多いです。

スケアクローの蘇生に繋がる肆世壊の新星

相手の効果を無効にできる肆世壊の牙掌突などは再利用する有力な候補となるでしょう。

 

 

何かとお世話に肆世壊=ライフォビアの再利用だけでも優秀な上に

それに加えて様々なおまけも追加されている実に豪華な効果です。

ライフォビアとスケアクロー関連のカードそれぞれを墓地から回収できる点は

デッキの持久力を飛躍的に高めてくれる事でしょう。

 

ヴィサス=スタフロストがいる場合の裏側表示にする効果も使いどころが多いですが

守備表示に出来ないリンクモンスターに対しては弱いという点は

エースであるスケアクロー・トライヒハートと共通しているのでそこは注意です。

そのあたりは肆世壊の双牙で上手くフォローしましょう。

 

順調にスケアクローも強化されていますね。

ヴィサス=スタフロスト絡みの効果も追加されており

積極的にヴィサス使ってねという公式の意図を感じます。

コメント