PR

《尖頭狩猟ジャグール》遊戯王ラッシュデュエル考察 何気に初となる獣戦士族上級モンスター

スポンサーリンク

どうも、7月4日は自分の誕生日です。

そんな7月4日に最強ジャンプ8月号が発売されます。

今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカードです。

 

 

カード説明

尖頭狩猟ジャグール(ヘッドハンターズジャグール)
効果モンスター
星6/地属性/獣戦士族/攻1700/守 0
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】通常モンスターを含む相手の墓地のモンスター2体を選んでデッキに戻す。

wiki

 

地属性獣戦士族のレベル6モンスターです。

石でできた左手で構える原住民っぽい感じの戦士です。

よく見ると剣だけでなく兜や腕甲、膝当てといった防具も石で作られています。

 

耳が人間のものではない事から何かしらの獣人と思われますが何の獣人でしょうね。

どことなくアルマジロっぽい雰囲気はありますが。

 

スポンサーリンク

 

相手の墓地に通常モンスターがいれば墓地から2枚デッキに戻す

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】通常モンスターを含む相手の墓地のモンスター2体を選んでデッキに戻す。

その効果は1ターンに1度、デッキトップの一番上のカードを墓地へ送る事で

通常モンスター込みで相手の墓地のモンスター2体をデッキに戻すというものです。

いわゆる墓地メタ系統の効果で相手の墓地のモンスターを2体減らす事が出来ますが

片方は通常モンスターでないといけないので

相手が通常もンスターを全く使わないといったデッキの場合、

使うとしても少数で墓地に通常モンスターがいないといった場合、

発動すらできなくなるので腐ってしまう可能性があります。

とはいえ最近のデッキは通常モンスターを活用するものが多いので

発動機会そのものは少なくないでしょう。

発動できればデッキトップのカードを1枚墓地へ送る事が出来るので

相手の墓地を減らしつつ自分の墓地は増やせます。

 

効果を発動できない場合、上級モンスターとしてはやや心もとない攻撃力ではありますが

世紀末獣機界ビーストギア・ワールドさえあれば攻撃力の補強は可能です。

単純な墓地肥やしとしては下級モンスターである恵雷の精霊あたりの方が優れていますが

種族と攻撃役もこなしつつ墓地メタが行えるという点で差別化を図っていくといいでしょう。

 

 

ちなみに現在判明している中で獣戦士族唯一の上級モンスターです。

邪犬武闘神シバの蘇生にも対応しているので

獣戦士族デッキで上級が欲しかったという場合にも重要はあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました